グスタフ・ジークムント・カールノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グスタフ・ジークムント・カールノキ伯爵ドイツ語: Gustav Siegmund Graf Kálnoky von Köröspatak / 英語: Count Gustav Siegmund Kálnoky, 1832年12月29日1898年2月13日は、はオーストリアオーストリア=ハンガリー二重帝国)の貴族(伯爵)・政治家。ハンガリー名はカールノキ・グスタヴ・ジグモンドハンガリー語: Kőröspataki Kálnoky Gusztáv Zsigmond)。

経歴[編集]

1832年、当時オーストリア支配下にあったモラヴィア地方のレトヴィッツ(Lettowitz / 現チェコレトヴィツェ)にハンガリー系貴族の家に生まれる。主として外交関係の官職を歴任したが、特に1881年11月20日、オーストリア政府の外相(二重帝国全体の外相を兼任)に任命され、アンドラーシ外相の外交を承けて以後14年間にわたりロシアとの協調関係を重視する外交をすすめた。しかしその一方で首相エドゥアルト・ターフェとの関係は良好でなく、彼を辞任させる企てに参加したこともある。

1895年5月2日外相を辞任し、その3年後の1898年、プレードリッツ(Prödlitz / 現ブロデク・ウ・プロスチェヨヴァ)で死去。


参考文献[編集]

先代:
ハインリヒ・カール・フォン・ハイマーレ
オーストリア=ハンガリー帝国
共通閣僚評議会議長
(オーストリア外相)
1881年〜1895年
次代:
アゲノル・ゴウホフスキ