グアムの旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グアムの旗
グアムの旗
用途及び属性 市民・政府陸上?
縦横比 22:41
制定日 1948年2月9日
使用色
テンプレートを表示
ミクロネシアで使われたアウトリガー付きの帆船、プロア(Proa)

グアムの旗チャモロ語: Banderan Guåhan, : Flag of Guam)は1948年2月9日に制定された。濃紺の地の四方が細い赤色で縁どられ(この赤い縁は後年に追加されたもの)、中央にグアムの紋章(エンブレム)が描かれている。

エンブレムは縦に細長いアーモンド形で、中にヤシの木のある浜辺(ハガニアの港の近くのアガナ湾)を航行するプロアと呼ばれる伝来の双胴船があしらわれ、赤い字で「GUAM」の文字が書かれている。このエンブレムのアーモンド形は、島の人々の祖先が使った石投げ器の石を想起させる。エンブレム内の湾の背後にある白い崖はプンタン・ドス・アマンテス(Puntan Dos Amantes)の断崖である[1]

旗の長さは、横78インチ、縦40インチで、四方の赤い縁の幅は2インチ、中央のエンブレムは高さ24インチ、幅16インチとされている[2]

脚注[編集]

  1. ^ Seal of Guam, Flag and anthem of Guam U.S.A.”. Government of Guam. 2007年10月21日閲覧。
  2. ^ Flag Laws of Guam”. Flags of the World (2000年). 2007年10月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]