グアニジノ酢酸-N-メチルトランスフェラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グアニジノ酢酸-N-メチルトランスフェラーゼ
識別子
EC番号 2.1.1.2
CAS登録番号 9029-75-8
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

グアニジノ酢酸-N-メチルトランスフェラーゼ(guanidinoacetate N-methyltransferase)は、グリシン、セリン、トレオニン、アルギニンおよびプロリン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酵素である。

S-アデノシル-L-メチオニン + グアニジノ酢酸 \rightleftharpoons S-アデノシル-L-ホモシステイン + クレアチン

この酵素の基質はS-アデノシル-L-メチオニングアニジノ酢酸とH+で、生成物はS-アデノシル-L-ホモシステインクレアチンである。

この酵素は転移酵素の一つで、特に一炭素基を転移させるメチルトランスフェラーゼである。組織名はS-adenosyl-L-methionine:N-guanidinoacetate methyltransferaseで、別名にGA methylpherase、guanidinoacetate methyltransferase、guanidinoacetate transmethylase、methionine-guanidinoacetic transmethylase、guanidoacetate methyltransferaseがある。

参考文献[編集]

  • Cantoni GL and Scarano E (1954). “The formation of S-adenosylhomocysteine in enzymatic transmethylation reactions”. J. Am. Chem. Soc. 76: 4744. doi:10.1021/ja01647a081. 
  • CANTONI GL, VIGNOS PJ Jr (1954). “Enzymatic mechanism of creatine synthesis”. J. Biol. Chem. 209 (2): 647–59. PMID 13192118.