クーヴァーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kuvasz Prince Juninho Poster.jpg

クーヴァーズ(英:Kuvasz)とは、ハンガリー原産の護蓄犬種である。犬種名はトルコ語「武装した警備兵」を意味している。犬種としては珍しく英語での複数形が特殊で、クヴァソク: Kuvaszok)と変化する。旧称はハンガリアン・クーヴァーズ: Hungarian Kuvasz)。

歴史[編集]

12世紀頃にトルコからやってきた飼いがもたらしたアクバシュという犬種が先祖となり、改良されて出来た犬種である。羊を家畜泥棒から守るのに使われていた。ホワイトのコートは夜間でもはっきりと見えるため、もし羊泥棒などが侵入してきたとしても主人に犯人と間違われて誤射殺されないようにするために好まれて固定された。17世紀頃になると羊飼いだけでなく一般の人もクーヴァーズをガードドッグとして使うようになり、本種は国内外に知られるようになり少数が原産地外へ輸出された。

ところが、2度の世界大戦の戦禍によって頭数は激減し、戦後ハンガリー人による反マジャール感情の影響で、マジャール人由来の生い立ちを持つ本種は多くがこの暴動により射殺され、急激な希少化が進んで絶滅寸前に陥った。しかし、FCIや動物愛護団体の介入によりこの暴動は何とか抑えられ、国内全てのクーヴァーズが殺されずに済んだ。暴動の沈静後、国内外から集めたクーヴァーズをブリーディングさせ、頭数を回復することが出来た。又、再びハンガリー人の反マジャール感情を刺激させないため、かつては犬種名に冠していた「ハンガリー」という単語を取り除き単にクーヴァーズとしてFCIへ公認犬種としての申請を行うことになった。そして1963年にFCIに公認犬種として登録され、ヨーロッパ内外にも広く輸出されるようになった。現在は護蓄犬、番犬としてだけではなくペットやシャードッグとしても飼育されている。日本にも輸入されていて、近年では2007年度に国内登録が行われている。

特徴[編集]

グレート・ピレニーズなどの他の親せき種と比べるとマズルが先細りで、コートは厚く短い巻き毛である。このコートは狼のから身を守るために発達した鎧のような物である。顔と耳、脚の前部を除く全身がこのコートで覆われている。毛色はホワイト若しくはクリームである。飾り毛のない垂れ耳、ふさふさした垂れ尾でがっしりした体格をしている。体高は雄71~75cm、雌66~70cm、体重は雌雄共に30~52kgの大型犬である。性格は知的で自己犠牲の精神を持ち、忠実である。友好的でしつけの飲み込みも早いが、家族に危機が迫ると勇敢に立ち向かう。なお関節疾患にかかりやすいため、大型犬種ではあるがあまり多くの運動量を必要としない。

画像[編集]

参考[編集]

  • 『犬のカタログ2004』(学研)中島眞理 監督・写真
  • 『日本と世界の愛犬図鑑2007』(辰巳出版)佐草一優監修
  • 『デズモンド・モリスの犬種事典』デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年
  • 『日本と世界の愛犬図鑑2009』(辰巳出版)藤原尚太郎編・著

関連項目[編集]