クーン・ローブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クーン・ローブ(Kuhn Loeb & Co.)は、20世紀前半までアメリカ合衆国に君臨した金融財閥である。クーン・ローブ商会とも表記される。1867年に創業、ニューヨークを本部を置いた。

歴史[編集]

創業期[編集]

1850年代アブラハム・クーンソロモン・ローブの姓を組み合わせてクーン・ローブ商会とした。 その後、事業で手を組むと同時にクーン家の娘イーダとローブ家のモリスが結婚して一族となっている。 その娘であるテレサと結婚したのが、ジェイコブ・ヘンリー・シフである。 ジェイコブ・ヘンリー・シフはドイツフランクフルトのゲットー(フランクフルト・ゲットー)でロスチャイルド家と共に住んでいた歴史を持つ。

1870年代以降、クーン=ローブ商会は、今日でいうベンチャー企業と目され、当時の鉄道事業に積極的に投資。モルガン財閥と競争を繰り広げた。1877年のシカゴ・ノースウェスタン鉄道への資金調達を皮切りに、1881年にはペンシルバニア鉄道シカゴ・ミルウォーキー・セント・ポール・アンド・パシフィック鉄道への資金調達を行った。シフは、1897年にユニオン・パシフィック鉄道の事業再建の資金調達を支援した。1901年のモルガン財閥とのノーザン・パシフィック鉄道の買収攻勢防戦劇は当時の大きな話題となった。また長期間にわたって、ウェスティングハウスウェスタン・ユニオンポラロイドなど、アメリカ合衆国の大企業と密接な関わりを持ち、長期の財政的な後ろ盾となった。またオーストリア、フィンランド、メキシコ、ベネズエラなど一部の外国政府の財政アドバイザーも務めた。

日本との関係[編集]

ジョン・ロックフェラーへのメインバンク、財政アドバイザーとしても有名で、国内の主要産業への投資のみならず、クーン・ローブを通じ中華民国大日本帝国などの公債引き受け等にも参画し、日本政府が日英同盟を根拠にして日露戦争の日本公債をイギリスロンドンで販売した際、当時世界最大の石油産出量を誇っていたカスピ海バクー油田の利権を持つロスチャイルド家は購入を拒否、その代わりロスチャイルド家と行動を共にするジェイコブ・ヘンリー・シフを紹介。日本は戦費を調達でき、またロシアにも勝利したが、賠償金を獲得できなかったため、日露戦以後は金利を支払い続け、シフは「日露戦争で最も儲けた」。1911年にはクーン・ローブはロックフェラーと共同で、後にチェース銀行と合併するエクイタブル・トラスト社を買収した。

衰退期[編集]

一時はモルガン財閥と並立する存在になったが、マーチャントバンクとして存続。第二次世界大戦後、資金調達の方法が銀行家同士のやりとりから、ウォール街などでの証券市場での取引が中心となってクーン・ローブの勢いにかげりが見え始める。

1977年リーマン・ブラザーズに統合され、クーン・ローブ・リーマンと称した。その後、1984年にクーン・ローブ・リーマンがアメリカン・エキスプレスに買収され、シアーソン・リーマン・アメリカン・エキスプレス(Shearson Lehman/American Express)に改名された際、クーン・ローブの名は消えることとなった。

関連項目[編集]