クーリッジ効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クーリッジ効果(クーリッジこうか、Coolidge effect)は、新しいメスの存在がオスの性衝動を活気付けること。雄の浮気のメカニズムである[要出典]

逸話[編集]

カルビン・クーリッジ大統領夫妻が農場を視察した際の以下の逸話に由来する。

最初に鶏小屋を訪れた夫人は、飼育係に質問した。「この雄鶏は1日に何回くらい雌鶏に求愛するんですか?」飼育係は「何十回もですよ」と答えた。すると夫人は喜んで「その話を主人にもしてやってください」と言い残して出て行った。

その後、鶏小屋を訪れた大統領は、飼育係からその話を聞かされ「では、その雄鶏はいつも同じ相手に求愛するんですか?」と質問した。飼育係は「いいえ、毎回違う雌鶏です」と答えた。すると大統領はにっこり笑ってこう言った。「じゃあ、その話を女房に伝えてもらえないか?」

関連項目[編集]