クーコリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オンドルソフの聖アドリアンのイコン大スヒマ修道士が着用する黒いクーコリを着用している。

クーコリロシア語: Куколь, 英語: Koukoulion, or Kukol)とは、正教会における最上位格の修道士大スヒマ修道士)によって着用される帽子である。額・胸・両肩・背中の5箇所に十字架が付けられている。

ロシア正教会首座主教であるモスクワ総主教は、大スヒマ修道士への祝福の有無に関らず、頂きの部分に十字架を付けた白いクーコリを着用する[1]。モスクワ総主教の着用する白いクーコリの頭頂部の十字架は、自動車に乗る際などに折り畳めるようになっている[2]

グルジア正教会の首座主教であるグルジアのカトリコス・総主教は、黒いクーコリを着用する[3]

総主教は、聖体礼儀等の奉神礼に際して司祷もしくは陪祷する場合、クーコリに代えてミトラ (宝冠)を着用する。ただし、モレーベンパニヒダなど、祭服を完装する必要の無い奉神礼においては、クーコリを着用して奉神礼に臨む事もある。

脚注[編集]

関連項目[編集]

出典・外部リンク[編集]