クンシラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クンシラン属新エングラー体系
CliviaMiniata.jpg
ウケザキクンシラン(Clivia miniata
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Monocotyledoneae
: ユリ目 Liliales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
: クンシラン属 Clivia
  • 本文参照

クンシラン(君子蘭)はヒガンバナ科クンシラン属Clivia)の植物の総称。「ラン」とつくが「ラン科」ではない。園芸用の流通名がクンシランであるウケザキクンシラン(受咲き君子蘭、Clivia miniata)が一般的。クロンキスト体系ではユリ科に含める。

ウケザキクンシラン[編集]

肉厚の葉とオレンジ色の花を楽しむ園芸植物。南アフリカの平原が原産。ヨーロッパを経由して、日本には明治時代に渡来した。ヨーロッパでは花を楽しむものとされていたが、日本では万年青などと同様にの美しさを楽しむようになった。それゆえ、古典園芸植物に分類される。

他家受粉による種子で育つ。発芽から開花までは2~3年ほどかかる。それゆえ、種子で増やすと個体差が大きい。

近年は黄色の花のものも見出され、育種も進んでいる。

ウケザキクンシラン(Clivia miniata)の市場流通名はクンシランであるが、分類上は本来のクンシラン(Clivia nobilis)が存在する。

クンシラン属の主な種[編集]

  • C. caulescens
  • C. gardenii
  • ウケザキクンシラン C. miniata
  • C. mirabilis
  • クンシラン C. nobilis
  • C. robusta