クンシラン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クンシランから転送)
移動: 案内検索
ヒガンバナ科
CliviaMiniata.jpg
ウケザキクンシラン(Clivia miniata
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 単子葉類 Monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
: クンシラン属 Clivia
学名
Clivia  Lindl.
  • 本文参照

クンシラン(君子蘭)属 Clivia南アフリカ共和国スワジランドに産するヒガンバナ科の属のひとつで、クリビア ミラビリス Clivia mirabilis を除き森林の薄暗い場所に自生する。「ラン」とつくが「ラン科」ではない。クロンキスト体系ではユリ科に含める。

他のヒガンバナ亜科の植物の多くは地中に鱗茎を形成するが、本属と近縁のクリプトステファヌス属 Cryptostephanus では太い根を張るのみで鱗茎はない、根の様子だけみれば遠縁ではあるがムラサキクンシラン属 Agapanthus のものに良く似ている。

ウケザキクンシラン(受咲き君子蘭)Clivia miniata の園芸品種が日本国内では良く知られている。

ウケザキクンシラン[編集]

肉厚の葉とオレンジ色の花を楽しむ園芸植物。南アフリカの平原が原産。ヨーロッパを経由して、日本には明治時代に渡来した。ヨーロッパでは花を楽しむものとされていたが、日本では万年青などと同様にの美しさを楽しむようになった。それゆえ、古典園芸植物に分類される。

他家受粉による種子で育つ。発芽から開花までは2~3年ほどかかる。それゆえ、種子で増やすと個体差が大きい。

近年は黄色の花のものも見出され、育種も進んでいる。

クンシランとは本来 クリビア ノビリス Clivia nobilis を示す和名であったが、ウケザキクンシラン (クリビア ミニアタ)Clivia miniata が普及するにつれウケザキクンシランをクンシランと呼ぶのが一般となった。

クンシラン属の主な種[編集]

  • C. caulescens
  • C. gardenii
  • ウケザキクンシラン C. miniata
  • C. mirabilis
  • クンシラン C. nobilis
  • C. robusta