クワイ・レナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クワイ・レナード
Kawhi Leonard
サンアントニオ・スパーズ  No.2
Kawhi Leonard SDS Aztecs.jpg
名前
本名 Kawhi Anthony Leonard
ラテン文字 Kawhi Leonard
基本情報
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1991年6月29日(23歳)
出身地 カリフォルニア州リバーサイド
身長 201cm
体重 102kg
選手情報
ポジション PF/SF
背番号 2
ドラフト 2011年 15位
経歴
2011-現在 サンアントニオ・スパーズサンアントニオ・スパーズ

クワイ・レナードKawhi Anthony Leonard, 1991年6月29日 - )は、カリフォルニア州リバーサイド出身のバスケットボール選手。NBAサンアントニオ・スパーズに所属している。ポジションはスモールフォワード。身長201cm、体重102kg。

経歴[編集]

マーチン・ルーサー・キング高校、サンディエゴ州立大学を経て、2011年NBAドラフト1巡目15位で、インディアナ・ペイサーズに指名を受けたが、ジョージ・ヒルや指名権などと、サンアントニオ・スパーズにトレードされ[1]、NBAのプレーヤーとなった。
ルーキーシーズンは、64試合(先発39試合)に出場し、1試合平均、7.9得点、5.1リバウンド、1.1アシスト、1.3スティールの成績を残し、スパーズからは前年のゲイリー・ニールに続いて、オールルーキーファーストチームに選出された。

2012-13シーズンは故障で、58試合と出場試合数を減らしたが、57試合をスターターとして出場し、成績も1試合平均11.7得点、6リバウンド、1.6アシスト、1.7スティールと着実に成長し、プレーオフでは更に成績を伸ばし、大舞台での勝負強さをも見せた。ファイナルではレブロン・ジェームズとのマッチアップとなったが未だ力及ばず、チームも敗退した。

2013-14シーズンは手の骨折により16試合を欠場したが、65試合に先発し、スパーズのスターターとしての地位を確立し、成績も1試合平均12.8得点、6.2リバウンド、2アシスト、1.7スティールと前年より伸ばしている。このポストシーズン中に、スティールからコースト・ツー・コーストのダンクを見せたことなどから、シャキール・オニールによって、’’シュガー・K・レナード’’というニックネームを授けられた[2]。スパーズは久々のチャンピオンシップに輝き、攻守ともに非凡さを見せたレナードは、22歳という若さで、ファイナルMVPを獲得した[3]


プレースタイル[編集]

221cmと非常に長いウイング・スパン[4](両手を水平に広げた際の長さ)と手の大きさ、運動能力、判断力から、リバウンド、ディフェンスに能力を発揮している。オフェンスでは、コーナーからの3ポイント、ペネトレイションの役割を担っている。 ディフェンスの能力から、ブルース・ボーエンジェラルド・ウォレスアンドレ・イグダーラのようなチームの基盤となる選手に成長することを期待されている。

タイトル・受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Pacers trade No. 15 pick Leonard to Spurs for Hill”. spurs.com NBA. 2012年3月31日閲覧。
  2. ^ Shaq gives sweet name to Kawhi”. mysanantonio.com. 2014年5月20日閲覧。
  3. ^ Spurs' Leonard wins Finals MVP
  4. ^ Kawhi Leonard: A Long Reach For Excellence”. spurs.com NBA. 2012年3月28日閲覧。

外部リンク[編集]