クロード・F・ジョフロア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クロード・F・ジョフロアClaude François Geoffroy1729年頃 - 1753年6月18日)はフランスの薬学者である。ビスマスを研究し、ビスマスがとは別の金属であることを示した。

ジョフロアの家系は3代にわたる薬剤師の家系で、祖父のMathieu François Geoffroy、父のClaude Jeseph Geoffroy(1685年-1752年)も有名な薬剤師であり、叔父のエティーヌ・F・ジョフロア(1672年-1731年)も有名な医師、化学者であった。クロード・F・ジョフロアは若い方のジョフロアと呼ばれることがある。

ビスマスは15世紀頃から、例えば活字用の合金や工芸用の合金ピューターなどに使われていたが、鉛などと混同されることが多かった。ビスマスが鉛・などとは別な金属であることに気づいていた化学者たちもいたが、クロード・F・ジョフロア はビスマスの性質を調べ、鉛と明白に違うことを示した。