クロード・C・ロビンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クロード・C・ロビンソン(Claude C. Robinson、1881年12月17日 - 1976年6月27日)は、カナダアイスホッケー選手、チーム経営者。

オンタリオ州ハリストンHarriston)に生まれたロビンソンは、幼いころにマニトバ州ウィニペグに移った。ロビンソンは、長じてアイスホッケーの選手となり、いくつかの地元のチームを経て、1904年ウィニペグ・ヴィクトリアズWinnipeg Victorias)の選手となち、その後このチームの経営陣に加わった[1]。ロビンソンが関わっていた時期、ヴィクトリアズは、カナダのアマチュア成人男子チャンピオンに与えられるアラン・カップAllan Cup)を1911年1912年にウィニペグに持ち帰った[2]

ロビンソンは、カナダにおけるアマチュア・アイス・ホッケー選手権を運営する連合体の組織化に熱心に取り組み、1914年カナダ・アマチュア・ホッケー協会Canadian Amateur Hockey Association)が結成されると、名誉事務局長となった[1]1932年アメリカ合衆国ニューヨーク州で開催されたレークプラシッド冬季五輪では、カナダ・チームの監督を務めた。

ロビンソンは、1947年ホッケーの殿堂入りを、1960年カナダ・オリンピックの殿堂Canadian Olympic Hall of Fame)入りを果たした。ロビンソンは、ブリティッシュコロンビア州バンクーバーで、84歳で死去した。

受賞[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b Builders, Claude Robinson, Biography”. Hockey Hall of Fame and Museum. 2011年8月26日閲覧。
  2. ^ Allan Cup Archives, 1910s”. Allan Cup. 2011年8月26日閲覧。

外部リンク[編集]