クロード・ド・ヴァロワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロード・ド・ヴァロワ

クロード・ド・ヴァロワ(Claude de Valois, 1547年11月12日 - 1575年2月21日)は、ロレーヌ公シャルル3世の妃。

フランス王アンリ2世と王妃カトリーヌ・ド・メディシスの次女としてフォンテーヌブロー宮殿で生まれた。フランソワ2世は兄、シャルル9世アンリ3世は弟である。クロードは、姉エリザベート、兄の婚約者であるスコットランド女王メアリーとともに育てられた。

1559年1月、わずか12歳でシャルルのもとへ嫁いだ。カトリーヌの生んだ子供たちの多くがそうであったように(末妹マルグリットだけが違ったという)、クロードは体が弱く、猫背曲がり足に苦しんだ。

非常に分別のあるクロードは、母親の気に入りの娘だった。彼女はしばしばロレーヌの首都ナンシーを離れ、母の近くで過ごしていた。カトリーヌも、ロレーヌを訪れて娘に会うのを好んだ。クロードは母の意に反し、妹マルグリットにナヴァール王アンリ(のちのアンリ4世)と結婚するのは危険だと忠告していた。

1575年、クロードは同名の娘を出産後にナンシーで死亡した。

子女[編集]