クロード・グラハム=ホワイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロード・グラハム=ホワイト, 1910年

クロード・グラハム=ホワイト(Claude Grahame-White、1879年8月21日 - 1959年8月19日)は、イギリスのパイロットである。

ハンプシャーのBursledonで生まれた。エンジニアとして働き、後に自らのエンジン関係の会社を作った。1909年にフランスでパイロットの訓練を受け、航空免許を受けた最初のイギリス人となった。

1910年4月27日、ロンドンからマンチェスターまでを24時間以内に2回以下の着陸で飛行する、デイリーメールの懸賞飛行に挑戦した(1910年のロンドン・マンチェスター間エアレース)。ノーサンプトンシャーロードに着陸し、24時間以内にマンチェスターを目指すために夜間の離陸を敢行したことで、世界初の夜間飛行を行った人物となった。 1910年7月2日、Wolverhamptonで行われた航空大会にファルマン機で出場し、滞空飛行の部門で1時間23分20秒の飛行を行い、£1,000の賞金を得た。1910年10月14日にはアメリカのワシントンでデモ飛行し、ホワイト・ハウス近くの通りに着陸したが、逮捕されることもなく、新聞に賞賛の記事が書かれた。

1911年にグラハム=ホワイト・アヴィエーション(Grahame-White Aviation Co. Ltd)を設立し、空港と航空機の開発を始めた。エンジニアのなかにはボールトンポールのチーフ・エンジニアとなったジョン・ダドリー・ノースがいた。航空の商業利用に貢献するとともに、第一次世界大戦前に、航空機に武装を行う実験を行い、航空の軍事利用を進めるキャンペーンを行った。航空に関する多くの著書を出版し、新聞に航空に関する記事を寄稿した。

イギリス空軍博物館に再現された工場の様子

1911年にヘンドンに飛行学校を創設し、飛行学校はヘンドン飛行場に発展していった。1916年から飛行場は海軍に貸し出され、1919年にイギリス空軍に引き継がれた。1925年まで、長い法廷での争いの後、グラハム=ホワイトの飛行場はイギリス空軍によって買収された。これによってグラハム=ホワイトは航空への興味を失い、ニースに移住し、晩年はフランスで暮らした。

第一次世界大戦時代のグラハム=ホワイトの工場の様子がイギリス空軍博物館に再現されている。

著書[編集]

  • The Aeroplane, Past, Present, and Future, 1911;
  • The Aeroplane in War;
  • Aviation, 1912;
  • Learning to Fly, 1914;
  • Aircraft in the Great War, 1915;
  • Air Power, 1917;
  • Our First Airways, their Organisation, Equipment, and Finance, 1918;
  • Heroes of the Air;
  • With the Airmen;
  • The Air King’s Treasure;
  • The Invisible War-Plane;
  • Heroes of the Flying Corps; Flying, an Epitome and a Forecast, 1930