クロロヨードメタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロロヨードメタン
識別情報
CAS登録番号 593-71-5
PubChem 11644
EINECS 209-804-8
特性
化学式 CH2ClI
モル質量 176.38 g/mol
外観 無色の液体
密度 2.416 g/cm3 (20 °C)

2.422 g/cm3 (25 °C)

沸点

108 - 109 °C

kH 0.89 mol.kg-1.bar-1
危険性
EU分類 刺激性(Xi)
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
1
0
Rフレーズ R36/37/38
Sフレーズ S23, S24/25
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クロロヨードメタン(Chloroiodomethane)は、アセトンベンゼンジエチルエーテルおよびアルコールに非常に溶けやすいハロメタンの一つ。化学式はCH2ClI。屈折率は1.5812 - 1.5832。

結晶は斜方晶系であり、格子定数a = 6.383, b = 6.706, c = 8.867 (.10-1 nm)[1]

クロロヨードメタンはシクロプロパン化(シモンズ・スミス反応)、マンニッヒ反応、アミノメチル化、エポキシド化、開環および末端アルケンへの付加反応に用いられる。多くの場合、収率と選択性がより大きいジヨードメタンに取って代わられている。

脚注[編集]

  1. ^ Torrie B. H. ; Binbrek O. S.; von Dreele R. (1993). “Crystal structure of chloroiodomethane”. Mol. Phys. 79 (4): 869–874(6). doi:10.1080/00268979300101691. http://cat.inist.fr/?aModele=afficheN&cpsidt=4874194 2007年6月29日閲覧。. 

外部リンク[編集]