クロロプレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クロロプレン
構造式 クロロプレン
IUPAC名 2-chloro-1,3-butadiene
別名 2-クロロブタジエン
分子式 C4H5Cl
分子量 88.5
CAS登録番号 [126-99-8]
形状 無色液体
密度 0.96 g/cm3, 液体
相対蒸気密度 3.0(空気 = 1)
融点 −130 °C
沸点 59.4 °C
出典 国際化学物質安全性カード

クロロプレン(Chloroprene)は、化学式CH2=CCl-CH=CH2ジエンである。IUPAC名は2-クロロ-1,3-ブタジエンである。

無色の液体で、特有の臭気を有する。に難溶、有機溶媒に易溶。重合して過酸化物を作りやすいため、通常はヒドロキノンフェノチアジンなどの抑制剤が加えられる。引火性が高く、刺激性も強い。

アセチレン二量化によって得られるビニルアセチレンへの塩化水素の付加,または ブタジエン塩素化で得られるジクロロブテンの脱塩酸によって合成される。

クロロプレンの合成法:アセチレン二量化と塩化水素付加

クロロプレンゴムの原料。ネオプレンの材料

日本では毒物及び劇物取締法により劇物に、消防法により危険物第4類に指定されている。

関連項目[編集]