クロロフェノール-O-メチルトランスフェラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロロフェノール-O-メチルトランスフェラーゼ
識別子
EC番号 2.1.1.136
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

クロロフェノール-O-メチルトランスフェラーゼ(Chlorophenol O-methyltransferase、EC 2.1.1.136)、以下の化学反応触媒する酵素である。

S-アデノシル-L-メチオニン + トリクロロフェノール\rightleftharpoonsS-アデノシル-L-ホモシステイン + トリクロロアニソール

従って、基質はS-アデノシルメチオニントリクロロフェノールの2つ、生成物はS-アデノシル-L-ホモシステイントリクロロアニソールの2つである。

この酵素は異性化酵素、特にメチル基を転移させるメチルトランスフェラーゼに分類される。系統名は、S-アデノシル-L-メチオニン:トリクロロフェノール O-メチルトランスフェラーゼ(S-adenosyl-L-methionine:trichlorophenol O-methyltransferase)である。

出典[編集]

  • Kikuchi T and Oe T (1994). “Halogenated phenol O-methyltransferase, its production and deodorization using the same”. Chem. Abstr. 127: 27468.