クロロタロニル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロロタロニル
Chlorothalonil
識別情報
CAS登録番号 1897-45-6
KEGG C11037
特性
化学式 C8Cl4N2
モル質量 265.9
外観 白色の微粉末
融点

250-251

沸点

350

への溶解度 0.00005%
出典
国際化学物質安全性カード
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クロロタロニル: Chlorothalonil)は、化学式 C8Cl4N2 で表される有機化合物。系統名のテトラクロロイソフタロニトリル(2,4,5,6-Tetrachloroisophthalonitrile)のアクロニムで、TPN とも呼ばれる。

工業用防カビ剤として、また「ダコニール」の商品名で農業用殺菌剤として使用される。

効果・毒性[編集]

細菌等に対するMICコウジカビで1~3ppm黄色ブドウ球菌で10ppm、緑膿菌では30ppmである。農業用途では野菜のべと病や果樹の黒星病などに効果がある。経口投与した場合のLD50は、マウスで6,000mg/kg以上、ラットで10,000mg/kg以上である。国際がん研究機関では、発癌性についてGroup2B(ヒトに対する発癌性が疑われる)としている。(IARC発がん性リスク一覧参照)高濃度のものが皮膚と接触すると刺激性の痒みやかぶれが生じることがあり、この場合は洗浄の上抗ヒスタミン薬ステロイド軟膏の塗布が有効である。炭化水素溶剤を含む製剤を誤飲した場合は吐かせてはならない。加熱・燃焼により分解し、塩化水素窒素酸化物を含む有毒かつ腐食性のフュームを生じる。

参考文献[編集]