クロリス (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロリス
410 Chloris
仮符号・別名 1896 CH
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
(クロリス族
またはクサンティッペ族?)
発見
発見日 1896年1月7日
発見者 オーギュスト・シャルロワ
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 2.729 AU
近日点距離 (q) 2.084 AU
遠日点距離 (Q) 3.375 AU
離心率 (e) 0.237
公転周期 (P) 4.51 年
軌道傾斜角 (i) 10.92
近日点引数 (ω) 172.09 度
昇交点黄経 (Ω) 97.21 度
平均近点角 (M) 146.45 度
物理的性質
直径 124.0 km
自転周期 32.50 時間
スペクトル分類 C / Ch
絶対等級 (H) 8.30
アルベド(反射能) 0.0554
色指数 (B-V) 0.748
色指数 (U-B) 0.394
■Project ■Template

クロリス (410 Chloris) は、小惑星帯に位置するとても大きなC型小惑星。かなり小規模な小惑星族を代表しているか、別の小惑星族に所属しているか意見が分かれている。

オーギュスト・シャルロワがニースで発見し、ギリシア神話に登場するニュンペーのクロリス(ローマ神話の女神フロラと同一存在と言われる)にちなんで命名された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
アスパシア (小惑星)
小惑星
クロリス (小惑星)
次の小惑星:
クサンテ (小惑星)