クロモセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロモセン
識別情報
CAS登録番号 1271-24-5
RTECS番号 GB7600000
特性
化学式 C10H10Cr
モル質量 182.18 g/mol
外観 暗赤色結晶
密度 1.43 g/cm3, 固体
融点

168-170 ℃

沸点

昇華(真空条件)

への溶解度 水中で分解
構造
配位構造 疑似八面体
フェロセンを参照
双極子モーメント 0 D
危険性
主な危険性 自然発火性
Rフレーズ 20/21/22-36/37/38
Sフレーズ 26-37/39
関連する物質
関連物質 Fe(C5H5)2
Ni(C5H5)2
酢酸クロム(II)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

クロモセン(Chromocene)は、化学式がCr(C5H5)2有機金属化合物である。省略してCp2Crとも書かれる。このメタロセンフェロセンと類似した構造をしているが、常磁性であり反応性が遙かに高い。サンドイッチ化合物の一つであり、非極性溶媒に溶解し、真空中では容易に昇華する。

合成[編集]

クロモセンは以下のルートで合成される。

CrCl2 + 2 NaC5H5 → Cr(C5H5)2 + 2 NaCl

この合成は通常、THF溶液中で行われる。類似化合物のデカメチルクロモセン、Cr[C5(CH3)5]2、も同様にLiC5(CH3)5から合成される。

安全性[編集]

クロム化合物には毒性のあるものがあるが、特に六価クロム種は有毒である。クロモセンは空気に対する反応性が高く、燃焼して大気中に暴露する。

参考文献[編集]

  • C. Elschenbroich, A. Salzer ”Organometallics : A Concise Introduction” (2nd Ed) (1992) from Wiley-VCH: Weinheim. ISBN 3-527-28165-7

関連項目[編集]