クロモズガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロモズガラス
Cracticus quoyi 3.jpg
クロモズガラス Cracticus quoyi
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: フエガラス科 Cracticidae
: モズガラス属 Cracticus
: クロモズガラス C. quoyi
学名
Cracticus quoyi
(Lesson, 1827)
和名
クロモズガラス
英名
Black Butcherbird
亜種
  • C. q. quoyi
  • C. q. spaldingi
  • C. q. alecto
  • C. q. jardini
  • C. q. rufescens

クロモズガラス(黒鵙鴉[1]Cracticus quoyi)は、フエガラス科に属する鳥類の1種。

分布[編集]

オーストラリア北部および北東部[2]インドネシアパプアニューギニアに分布する。生息地は、亜熱帯または熱帯の乾燥、湿性低地林、マングローブ林である。

亜種[編集]

形態[編集]

くちばしは青灰色で先が黒く、嘴端はかぎ状。

全長33-44cm[4]。亜種による大きさの違いがあり、アーネムランドやヨーク岬半島の亜種は42-44cmと大きく、クイーンズランド東部の亜種は33-38cmと小さい[4]。全身光沢のある黒色で、雌雄同色であるが[1]、雄のほうが大きい[4]くちばしは大きくて青灰色で先が黒く、先端がかぎ状に曲がる[2]。足は黒灰色[1]

亜種 C. q. rufescens の幼鳥や若鳥は、上面が縞のある赤褐色で、下面は細かい黒帯のある淡黄褐色であり、成鳥で全身黒色になる[4]

生態[編集]

多雨林季節風林、沿岸低木林、マングローブ林などに生息し、木のよく茂った公園、庭園にも見られる[2]。単独、つがい、または家族群で行動し、多雨林やマングローブ林で[2]、昆虫やトカゲ、果実などを採餌する[1]

10-1月に繁殖する[2]。およそ6mの高さに営巣し、木の枝や小枝による粗雑な巣に、3-4個の卵を産む[1][2]

鳴き声は多様で、地鳴きはクァエンクァと大きな声で鳴く[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、204頁。ISBN 4-385-15378-7
  2. ^ a b c d e f Pizzy, Greham (1997). Field Guide to the birds of Austraria. Australia: Angus & Robertson. pp. 460-461. ISBN 0-207-19691-5. 
  3. ^ a b c d e Clements, James (2007). The Clements Checklist of the Birds of the World (6th ed.). Ithaca, NY: Cornell University Press. p. 582. ISBN 978-0-8014-4501-9. 
  4. ^ a b c d Simpson, Ken (1999). Field Guide to the birds of Austraria (6th ed.). Australia: Viking. pp. 248-249. ISBN 0-670-87918-5.