クロボシウミヘビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロボシウミヘビ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: コブラ科 Elapidae
: ウミヘビ属 Hydrophis
: クロボシウミヘビ H. ornatus
学名
Hydrophis ornatus
(Gray, 1842)

クロボシウミヘビとは、コブラ科ウミヘビ属に分類されるヘビの一種。

分布[編集]

南西諸島、台湾、東アジア海岸からオーストラリア近海、ペルシャ湾にかけて分布[2][3]

形態[編集]

全長80-90 cm[2][3]。唇の周りは白く、頭頂部はくびれて青黒い[2][3]。背面はやや黄色を帯びた白色[2][3]を下地に、黒い横帯が入る。横帯模様は腹の辺りで細くなり途切れる[2][3]。尾は鰭のような扁平[2]。腹面は白く[3]、全体的に胴体が太い[3]。雄の成体は腹部の鱗に鋭い突起物が隆起する[2]

生態[編集]

砂や泥の混ざった海底を好んで住処とする[2]。気性が荒く攻撃的[2][3]で、ウミヘビの中でも危険な存在だが、個体数は少ない[3]

脚注[編集]

  1. ^ Rasmussen, A., Lukoschek, V., & Lobo, A. (2010年), Hydrophis ornatus, IUCN Red List of Threatened Species. Version 3.1 (International Union for Conservation of Nature), http://www.iucnredlist.org/details/176737 
  2. ^ a b c d e f g h i 原色爬虫類・両生類検索図鑑(北隆館ISBN 978-4-8326-0756-9
  3. ^ a b c d e f g h i 決定版 日本の両生爬虫類(平凡社ISBN 4-582-54232-8