クロトン・レクレリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロトン・レクレリ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
: キントラノオ目 Malpigiales
階級なし : バラ類 Rosids
: トウダイグサ科 Euphorbiaceae
亜科 : ハズ亜科 Crotonoideae
: ハズ連 Crotoneae
: ハズ属 Croton
: C. lechleri
学名
Croton lechleri

クロトン・レクレリCroton lechleri)は、南米北東地域原産の植物の一種。「龍の血」を意味するペルーにおける名称サングレ・デ・グラード(Sangre de Grado)としても知られている[1]。この名称は樹液あるいは乳液の見た目に由来する。樹皮を切ると血に似た粘度のある赤い乳液が滲み出してくる。

C. lechleriの樹液

この乳液には薬理作用があり、現地の人々に傷を密封するための液体絆創膏英語版として使用されている。乳液はすぐに乾き、保護作用のある皮膚様の絆創膏となる。この乳液は外傷治療作用を有するタスピン英語版を含む多くの化学物質を含んでいる。また、樹液は顕著な抗酸化活性を示すことが明らかにされている[2]

脚注[編集]

  1. ^ Sangre de Grado”. Tropical Plant Database (2012年3月20日). 2012年4月24日閲覧。
  2. ^ Lopes, M. I. L. E.; Saffi, J.; Echeverrigaray, S. R.; Henriques, J. O. A. P. G.; Salvador, M. (December 2004). “Mutagenic and antioxidant activities of Croton lechleri sap in biological systems”. J. Ethnopharmacol. 95 (2–3): 437–445. doi:10.1016/j.jep.2004.08.025. PMID 15507372.