クローットゥンガ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クロトゥンガ3世から転送)
移動: 案内検索

クロトゥンガ3世(? - 1218年)は、インド南部のチョーラ朝の22代目の王。(在位:1178年 - 1218年)。

ホイサラ朝と同盟して3度パーンディヤ朝に攻め込みマドゥライを陥落させるなど、弱体化した勢力を大幅に回復させた。だがかえってホイサラ朝の自国領内への介入を許すことになった。

彼の死後のチョーラ朝はカーカティヤ朝パーンディヤ朝に侵略されて衰退。半世紀後に後者に滅ぼされた。

参考文献[編集]