クロテナガザル属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロテナガザル[1][2]
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primate
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
下目 : 狭鼻下目 Catarrhini
上科 : ヒト上科 Hominoidea
: テナガザル科 Hylobatidae
: クロテナガザル属
Nomascus Miller, 1933

クロテナガザル属(またはクロテテナガザル[3])は、テナガザル科のなかで2番目に多くの種を含むである。従来はテナガザル属 Hylobates 内の1亜属で、この亜属の全ての個体が種クロテナガザル Hylobates concolor 1種に分類されていた。[4]染色体数52であることが、クロテナガザル属に共通の特徴である。全身が黒い種もあるし、全体は明るめで頭部に黒いトサカ状の毛を持つ種、頬に明るいヒゲ状の毛を持つ種など様々である。中国雲南省南部からベトナム南部にかけて、また海南島にも分布する。クロテナガザル属の1種であるヒガシクロテナガザルは、世界で最も絶滅の危機に瀕している類人猿とされている。[2]

分類[編集]

  • テナガザル科 Hylobatidae[1][2]
    • クロテナガザル属 Nomascus
      • クロテナガザル(ConcolorまたはBlack Crested Gibbon) Nomascus concolor
        • Nomascus concolor concolor
        • Nomascus concolor lu
        • Nomascus concolor jingdongensis
        • Nomascus concolor furvogaster
      • ヒガシクロテナガザル(Eastern Black Crested Gibbon) Nomascus nasutus
        • Nomascus nasutus nasutus
        • カイナンテナガザル(Hainan Gibbon), Nomascus nasutus hainanus
      • ホオジロテナガザル(White-cheeked Crested Gibbon) Nomascus leucogenys
        • キタホオジロテナガザル(Northern White-cheeked Crested Gibbon) Nomascus leucogenys leucogenys
        • ミナミホオジロテナガザル(Southern White-cheeked Crested Gibbon) Nomascus leucogenys siki
      • キホオテナガザル(Yellow-cheeked Gibbon) Nomascus gabriellae

参考文献および訳注[編集]

  1. ^ a b Groves, Colin. Wilson, D. E., and Reeder, D. M.. ed. Mammal Species of the World (3rd edition ed.). Johns Hopkins University Press. pp. 180-181. ISBN 0-8018-8221-4. 
  2. ^ a b c Geissmann, Thomas. “Gibbon Systematics and Species Identification”. 2006年4月13日閲覧。
  3. ^ 訳注:日本では、本項目で扱っている Nomascus 属(旧来の Hylobates concolor 種、英名は"Black Gibbon"または"Black-crested Gibbon")を指してクロテテナガザル(黒手手長猿)と呼ぶことが非常に多いが、アジルテナガザルHylobates agilis、"Agile Gibbon")の別名が"Black-handed gibbon"である。曖昧さ回避のため、本項目はクロテナガザル(黒手長猿)で統一した。
  4. ^ 訳注:日本語版Wikipediaの項目のテナガザルは、テナガザル科の全ての種を Hylobates 1属とする旧来の分類法(1科1属9種)を採用している。

外部リンク[編集]