クロック!パウパウアイランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロック!パウパウアイランド
ジャンル アクション
対応機種 プレイステーション
セガサターン
開発元 アルゴノートゲームス
発売日 1997年12月18日(プレイステーション)
1998年3月26日(セガサターン)
テンプレートを表示

クロック!パウパウアイランド」は、イギリスのアルゴノートゲームスが開発、日本ではメディアクエストがローカライズし1997年12月18日に発売したプレイステーション用のアクションゲーム。略称は「クロパウ」「クロック」など。主人公であるワニ「クロック」を操作して様々なステージをクリアしていく。
セガサターン用にも1998年3月26日に発売された。PC版とゲームボーイカラー版は日本未発売。1999年に続編に「クロックアドベンチャー」がある。
海外では携帯電話ゲームに「Croc Mobile: Jungle Rumble」と「Croc Mobile Pinball」がある。

概要 [編集]

元々は当時スターフォックスなどの開発で任天堂のセカンドパーティだったアルゴノートゲームスがNINTENDO64用のゲームとして、
スーパーマリオ64を元にヨッシーを主人公としたゲームとして企画・開発していたものだったが、
任天堂側がそれを断ったためアルゴノートゲームスは任天堂を離れ、
キャラクターや世界観をヨッシーとマリオの世界観から自社オリジナルのものに置き換え、
任天堂ハード以外のプラットフォームで発売することとなった。
この時以降、アルゴノートゲームスはスターフォックスを最後に任天堂のセカンドパーティとなったゲーム開発を一切行っていない。

当初アルゴノートゲームスはかなり強気な態度で当作品をリリースしており、当時の広告ポスターでは主人公であるクロックがマリオクラッシュ・バンディクートゥームレイダーララ・クロフトを食べたと思わせるようなCGイラストが掲載されているという非常に挑発的なものであった。参考画像
いずれのキャラクターも当時非常に人気のあったゲーム作品のキャラクターであり、クロックはそれを更に上回る作品だと称して発表されたようなメッセージがある。
その為ユーザーからは大きな期待を買われリリース当初は250万本以上のセールスを出し、Amazonではゲーム売上ランキングにて一位を記録したこともあったが、
実際ゲームそのものの出来は操作性やカメラ機能の悪さの割に難易度が高いというあまり良い出来のものではなく、GameRankingsなどによる総合的な評価点ではスーパーマリオ64よりも低い。
また続編であるクロックアドベンチャーでは全体的にバンジョーとカズーイの大冒険の影響を受けたと思われる要素が随所にあり、
ゲームスタイルそのものもバンジョーとカズーイの大冒険スパイロ・ザ・ドラゴンなどの1998年以降に発表されヒットしたアクションゲームを意識した作りとなっているが、
全体的にステージの作りや映像処理やテクスチャーの描き込みなどはチープで適当なものであり、総合評価はそれらの作品と比較すると非常に低いものとなっている。

PlayStation 2Xboxニンテンドーゲームキューブにてリリース予定されていたシリーズ3作目となる「Croc 3: Stone of the Gobbos」が開発されていたが、
2004年に開発元のアルゴノートゲームスが倒産してしまった。
倒産したアルゴノートゲームスはZenimax Mediaに買収され、
クロックシリーズの権利を手に入れたZenimax Mediaは子会社のMud Duck Productionsにクロック3の開発続行をさせるが、
開発トラブルでうまく行かず2005年にクロックの3作目の開発はキャンセルされた。
それ以降、Zenimax Mediaはクロックの3作目はおろか、現在に至るまでクロックシリーズの開発は全く行っていない。

評価[編集]

 評価
レビュー結果
レビュー元 結果
集計結果
集計元 結果
GameRankings (PS) 79.14%[1]
(SAT) 76.67%[2]
(PC) 60.50%[3]
(GBC) 54.00%[4]

海外の大手ゲーム評価・レビューまとめサイト「GameRankings」では、PS版は79.14%、セガサターン版は76.67%、海外のみ発売のPC版は60.50%の評価を出している。
また、同じく海外のみ発売のゲームボーイカラー版は54.00%の評価を得ている。
主に操作性やカメラアングルの悪さ、難易度の高さが主な批判点だったが、音楽に関しては全体的に良い評価を得ている。

プロローグ[編集]

ある日、平和なパウパウアイランドに、邪悪な魔法使い「ザッハトルテ13世」が手下のトルティーズを引き連れて島を乗っ取りにやってきた。パウパウ達は徐々にみんな捕まっていく。パウパウ王様はクロックを逃がすことが精一杯で、彼も捕まってしまう。自分を育ててくれたパウパウ王様、兄弟のパウパウ達を助けるために、クロックは「ザッハトルテ13世」のお城へと旅立った。(解説書要約)

ステージ[編集]

さあ出発だ!ハラハラ高原の巻
すべってころんでブルブル島の巻
カラカラさばくに陽はしずむの巻
クラクラキャッスル最後の大あばれの巻
発見!!ひみつのキラキラワールドの巻

主人公・味方キャラクター[編集]

クロック以外のキャラクターは全て原版とは全く異なった日本版オリジナルの名前となっており、お菓子を捩った名前が多い。
なお続編のクロックアドベンチャーではローカライズ元が変わっているため、原版の読みに忠実な名前となっている。

クロック
海のほとりに流れてきたバスケットの中に入っていたワニ。その時、パウパウ王様に保護され育てられた。
パウパウ王様
パウパウアイランドの君主。クロックを育てた。また、「クロック」という名前も彼が名付けた。
パウパウ
パウパウアイランドの島民。パウパウ王様と共にクロックを育てた。ザッハトルテ13世に捕まってしまう。
トリッピー
クロックを移動させてくれる。
ガムボム
ポンプを踏み続けると爆発してドアを壊してくれる。
ゾウ
カラカラさばく・ステージ1で、足場代わりになってくれる。

敵キャラクター[編集]

ザッハトルテ13世
パウパウらを捕まえた邪悪な魔法使い。クラクラキャッスル・ステージB2のラストボス
モンバルーン
クラクラキャッスル・ステージB1の中ボス風船を手にした子供だったが、ザッハトルテ13世の魔法で巨大化させられた。
ドン・クランムーチョ
カラカラさばく・ステージB2の中ボス。カメレオンだったが、ザッハトルテ13世の魔法でサボテンと合体させられた。
マグラフィン
カラカラさばく・ステージB1の中ボス。だったが、ザッハトルテ13世の魔法により半魚人と化してしまう。
ジェルジェラート
ブルブル島・ステージB2の中ボス。4頭のだったが、ザッハトルテ13世の魔法により合体させられた。
ビスロケット
ブルブル島・ステージB1の中ボス。背中のロケットは、ザッハトルテ13世につけられた。
ババロアジョー
ハラハラ高原・ステージB2の中ボス。天道虫だったが、ザッハトルテ13世の魔法によりボクサー姿にさせられた。
タルティー
ハラハラ高原・ステージB1の中ボス。家鴨だったが、ザッハトルテ13世の魔法により巨大化させられた。
トルティーズ
ザッハトルテ13世の手下達。トルティーズのメンバーは以下のとおり。
  • テクター
  • パッチコーン
  • マシュボン
  • ジャミン
  • チク郎
  • バーニー
  • ホイッパ
  • パットプッカル
  • ワンワンラムネ
  • クルコロネ
  • ダンプリン
  • タマヨ
  • パタパティ
  • ヘビーチョ子
  • スア丸
  • よっちゃん
  • シュロップ
  • タックラン
  • ファボナ
  • クレンチゴースト
  • フガッシャー
  • ラミーマミー
  • ナッカノン
  • スイミット
  • キャンロッサ
  • タラッシュ
  • ミルフィー
  • カマイボー
  • ドンナッシ
  • キュラネイル
  • パイレーツン
  • シュバッシュ
  • ANC-O型
St.ザッハトルテ
キラキラワールド・ステージBの隠しボス。パウパウを全員助け、ジグソーピースを全て集めると戦うことができる。

逸話[編集]

  • プレイステーション版の解説書によると、パウパウ達の住まいはロタ島の「パウパウ」と呼ばれる地域らしい。
  • プレイステーション版は、Amazon.co.jp「ゲームのベストセラー」の「指定なし> ゲーム > プレイステーション > アクション>アクション(その他)」のカテゴリーで一時期、1位を記録した。
  • プレイステーション本体に付属している販促用のCD「よい子とよいおとなの。PlayStation体験版Vol.1」に、クロック!パウパウアイランド が収録されており、ハラハラ高原・ステージ1だけ遊ぶことができる。

参考文献[編集]

  1. ^ Croc: Legend of the Gobbos for PlayStation”. GameRankings. 2013年7月30日閲覧。
  2. ^ Croc: Legend of the Gobbos for Saturn”. GameRankings. 2013年7月30日閲覧。
  3. ^ Croc: Legend of the Gobbos for PC”. GameRankings. 2013年7月30日閲覧。
  4. ^ Croc for Game Boy Color”. GameRankings. 2013年7月30日閲覧。