クロタミトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロタミトン
Crotamiton.png
IUPAC命名法による物質名
(E)-N-Ethyl-N-(2-methylphenyl)but-2-enamide[1]
臨床データ
AHFS/Drugs.com monograph
胎児危険度分類
法的規制
?
識別
CAS番号 483-63-6 チェック
ATCvetコード QP53AX04
PubChem CID 688020
DrugBank DB00265
ChemSpider 599515 チェック
UNII D6S4O4XD0H チェック
KEGG D01381 チェック
ChEMBL CHEMBL1200709 ×
化学的データ
化学式 C13H17NO 
分子量 203.28 g/mol

クロタミトン(Crotamiton)は、外用疥癬治療薬および鎮痒薬(痒み止め)として用いられる医薬品。オイラックス(Eurax:ノバルティスの商標)という商品名でも知られる(ただし同じオイラックスの名でも更にステロイド剤等を含む製品もある)。

最初、疥癬治療薬として開発されたが、疥癬に限らず局所的な鎮痒効果が明らかになったため、一般に用いられるようになった。

概要[編集]

疥癬治療薬としては、毎日全身の皮膚に塗布し、約24時間後に洗い流すことを数日反復する[2][3]。日本では保険適応はないが、適応外処方が認められている。世界的にはより即効性の高い殺虫剤ペルメトリンの使用が多くなっている。

作用機序は不明であるが、疥癬の病原寄生虫であるヒゼンダニに対して毒性を示す。鎮痒効果も実体は不明で、抗ヒスタミン作用、局所麻酔作用、抗炎症作用は知られていない。適用時に軽い灼熱感(温感)があるが、これとの関係も明らかでない。副作用としては接触性皮膚炎が知られている。

脚注[編集]

  1. ^ Crotamiton at alanwood.net
  2. ^ http://www.atol-com.co.jp/mp/di/pdf/04_07/all/all.pdf
  3. ^ http://reference.medscape.com/drug/eurax-crotamiton-topical-343500#