クロスシード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロスシード株式会社
Crosceed Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 103-0004
東京都中央区東日本橋2-16-4
設立 1969年(昭和44年)11月22日
業種 その他金融業
事業内容 個人向けローン業務、信用保証業務、集金代行業務、その他業務
代表者 破産管財人 土岐敦司
破産管財人 服部敬
資本金 6000万円
主要株主 不明
関係する人物 藤澤信義
外部リンク クロスシード株式会社破産管財人室
特記事項:2013年12月26日に破産手続開始。
テンプレートを表示

クロスシード株式会社は消費者金融業を行っていた日本の会社である。

概説[編集]

元々はロイヤル信販株式会社[1]として、1969年11月に設立。2004年10月に株式交換によりライブドアの子会社となり、同年12月に株式会社ライブドアクレジットに社名変更。

その後、2006年12月20日に、親会社の株式会社ライブドアフィナンシャルホールディングス(現在のかざかフィナンシャルグループ株式会社)の全株式がアドバンテッジパートナーズLLPに譲渡され、ライブドアグループを離脱したことに伴い、2007年2月にかざかファイナンス株式会社に商号(社名)変更。さらに、2008年11月17日に、ネオラインキャピタル株式会社に商号(社名)変更し、2009年1月7日にかざかフィナンシャルグループから離脱している。

2008年9月17日には、過払金請求で経営難に陥っていた三和ファイナンスの全株式を取得し、子会社化している。また、2009年4月には、プロミスの子会社3社、9月にはアイフルの子会社4社の各株式を取得して、子会社化している。

2005年には、アニメーター渡辺明夫デザインによるイメージキャラクター「ろんたん」「ライブベア」による萌えローンなるものも展開していた。

かつてライブドアクレジットを運営しており、アフィリエイト広告を出稿していたが、報酬支払い承認率はおおむね10%以下の場合が多く、承認率が非常に低かった。

しかし、2010年日本振興銀行破綻に伴い多額の焦げ付きが発生。これを受けて2012年1月31日に貸金業を廃止し、同時に株式会社ネオラインホールディングスとの提携を解消し現在の社名に商号を変更。同時に手がける事業は債権回収のみとなった。

しかし、2012年9月17日に債権者のクラヴィス破産管財人から破産を申し立てられ、2013年12月26日に破産手続開始決定を受けた。

沿革[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロイヤル信販は、社名に信販と付いているが、俗に言う信販会社ではない。
  2. ^ 破産手続開始決定についてのお知らせクロスシード 2013年12月26日
  3. ^ 大型倒産速報東京商工リサーチ 2013年12月26日

外部リンク[編集]