クロエリショウノガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロエリショウノガン
クロエリショウノガン
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: ノガン科 Otididae
: ショウノガン属 Eupodotis
: クロエリショウノガン E. afra
学名
Eupodotis afra
和名
クロエリショウノガン
英名
Black Bustard

クロエリショウノガン (黒襟小野雁、学名:Eupodotis afra)は、ツル目ノガン科に分類される鳥類の一種である。別名クロエリノガン

分布[編集]

アフリカ南部(ナミビア南アフリカ)に分布する。

形態[編集]

全長50-53cm。雄は頭部、頸、体の下面は黒色で、眼の後ろに大きな白斑がある。頭上と背中や肩羽は淡い黄褐色と黒色が混じって細かい横縞模様に見える。雌は腹部が黒色のほかは、全身が黄褐色と黒色と白色が混じった細かい横縞模様である。

生態[編集]

開けた草原や、潅木の生えた荒地などに生息する。通常は単独で生活する。

繁殖期は8-3月で、1腹1個(稀に2個)の卵を産む。

亜種[編集]

4亜種に分類される。

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 ツル目』、財団法人東京動物園協会、1989年、100-101頁