クロイワトカゲモドキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロイワトカゲモドキ
クロイワトカゲモドキ
クロイワトカゲモドキ Goniurosaurus kuroiwae
保全状況評価[a 1]
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EN.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
下目 : ヤモリ下目 Gekkota
: トカゲモドキ科 Eublepharidae
: トカゲモドキ属 Goniurosaurus
: クロイワトカゲモドキ G. kuroiwae
学名
Goniurosaurus kuroiwae
(Namiye, 1912)
和名
クロイワトカゲモドキ
リュウキュウトカゲモドキ
英名
Kuroiwa's ground decko
Ryukyu grounded gecko

クロイワトカゲモドキGoniurosaurus kuroiwae)は、トカゲモドキ科トカゲモドキ属に分類されるトカゲ。別名リュウキュウトカゲモドキ

分布[編集]

  • G. k. kuroiwae クロイワトカゲモドキ 

日本沖縄島瀬底島古宇利島[1][2][3]固有亜種[4][a 2]

  • G. k. orientalis マダラトカゲモドキ 

日本(阿嘉島伊江島絶滅?>、渡嘉敷島渡名喜島[1][2][3]固有亜種[4][a 2]

  • G. k. splendens オビトカゲモドキ 

日本(徳之島[1][2][3]固有亜種[a 2]

  • G. k. toyamai イヘヤトカゲモドキ

日本(伊平屋島[1][2]固有亜種[4][a 2]

  • G. k. yamashinae クメトカゲモドキ

日本(久米島[1][2]固有亜種[4][a 2]

形態[編集]

全長15-18センチメートル[3]。頭胴長6.5-8.5センチメートル[1]。体色は黒や暗褐色で、黄色やピンク色などの縦縞や横縞が入る[1]。尾に3-5本の白い横縞が入るが、再生尾では全体的に不規則な白色斑が入る[2][3][4]

  • G. k. kuroiwae クロイワトカゲモドキ

背面に斑点が点在する、正中線上に縦縞が入るのみなどと変異が大きい[2][3][4]。腹面の鱗は瓦状[4][a 2]虹彩は赤褐色や赤紫色[4][a 2]

  • G. k. orientalis マダラトカゲモドキ

胴体にピンク色の横縞が3-5本と、正中線上に断続的な縦縞が入る[4][a 2]。縦縞と横縞の間には不規則に斑点が入る[4][a 2]。腹面の鱗は瓦状[4][a 2]。虹彩は暗赤褐色や赤紫色[4][a 2]

  • G. k. splendens オビトカゲモドキ

背面に橙色やピンク色の横縞が4本(頸部に1本、胴体に3本)入るが[2][3]、縦縞は入らない[a 2]。腹面の鱗は厚みのある粒状や碁石状[3][a 2]。虹彩は赤褐色や暗赤紫色[a 2]

  • G. k. toyamai イヘヤトカゲモドキ

体形は太い[4][a 2]。胴体にピンク色の横縞が3-5本入るが、縦縞は入らない[4][a 2]。腹面の鱗は瓦状[4][a 2]。虹彩は暗赤褐色や赤紫色[4][a 2]

  • G. k. yamashinae クメトカゲモドキ

胴体に黄色や黄白色の横縞が4本入るが、縦縞は入らない[4][a 2]。横縞の間には不規則に斑点が入る[4][a 2]。腹面の鱗は瓦状[4][a 2]。虹彩は黄色や黄褐色[4][a 2]。指趾の基部に大型鱗がない[4]

分類[編集]

亜種間では亜種クメトカゲモドキが最も初期に分化したと考えられている[a 2]

  • Goniurosaurus kuroiwae kuroiwae Namiye, 1912 クロイワトカゲモドキ Kuroiwa's ground gecko
  • Goniurosaurus kuroiwae orientalis (Maki, 1930) マダラトカゲモドキ Spotted ground gecko
  • Goniurosaurus kuroiwae splendens (Nakamura et Uéno, 1959) オビトカゲモドキ Banded ground gecko
  • Goniurosaurus kuroiwae toyamai Grismer, Ota et Tanaka, 1994 イヘヤトカゲモドキ Toyama's ground gecko
  • Goniurosaurus kuroiwae yamashinae (Okada, 1936) クメトカゲモドキ Yamashina's ground gecko

生態[編集]

山地の常緑広葉樹林やその周辺にある石灰洞などに生息する[1][2]。地表棲[1][2]夜行性[1][2]、昼間は倒木の下や洞窟で休む[3]

食性は動物食で、昆虫クモ多足類ミミズなどを食べる[2][4][a 2]

繁殖形態は卵生。基亜種は5-8月に1回に2個の卵を年に2-3回に分けて産む[4][a 2]

人間との関係[編集]

生息地では有毒種と信じられ、アシハブやジーハブといった方言で呼称される[2]

開発による生息地の破壊、人為的に移入された動物(ノイヌ、ノネコ、ジャワマングースニホンイタチサキシマハブウシガエルなど)による捕食などにより生息数は激減している[1][4][a 2]。ペット用に密猟されていると考えられ[1]、1990年代にアメリカ人の密漁者が摘発された例がある[4][a 2]1978年に種として沖縄県天然記念物2003年に亜種オビトカゲモドキが鹿児島県の天然記念物に指定されている[4]

G. k. kuroiwae クロイワトカゲモドキ
絶滅危惧II類(VU)環境省レッドリスト[a 2]
Status jenv VU.png
G. k. orientalis マダラトカゲモドキ、G. k. splendens オビトカゲモドキ、G. k. yamashinae クメトカゲモドキ
絶滅危惧IB類(EN)環境省レッドリスト[a 2]
Status jenv EN.png
G. k. toyamai イヘヤトカゲモドキ
絶滅危惧IA類(CR)環境省レッドリスト[a 2]
Status jenv CR.png

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、118、198-199頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、316頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 深田祝監修 T.R.ハリディ、K.アドラー編 『動物大百科12 両生・爬虫類』、平凡社1986年、160頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 『沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(レッドデータおきなわ)-動物編-』、沖縄県文化環境部自然保護課編 、2005年、97、102-104、111-113頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]