クロアチア民主同盟 (ボスニア・ヘルツェゴビナ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボスニア・ヘルツェゴビナ・クロアチア民主同盟(クロアチアみんしゅどうめい、クロアチア語:Hrvatska demokratska zajednica Bosne i Hercegovine; HDZ BiH)は、ボスニア・ヘルツェゴビナクロアチア人を主体とする右翼政党。クロアチアの同名の政党の姉妹政党であり、欧州人民党(EPP)のオブザーバー政党である。

党は1990年8月18日に、サラエヴォでの第1回党会合によって設立が宣言され、ボスニア・ヘルツェゴビナで複数政党制が導入された1991年から選挙に参加している。2000年まではボスニア・ヘルツェゴビナのクロアチア人全般からの支持を得ており、政府に参加していた。2002年には再び政権に返り咲き、2006年まで政権を維持した。

ボスニア・ヘルツェゴビナで行われた2002年10月の選挙では、クロアチア民主同盟を中心とする政党連合は9.5%の得票率で、ボスニア・ヘルツェゴビナ議会の42議席中5議席を、またボスニア・ヘルツェゴビナ連邦議会の140議席中16議席を獲得した。

その主要人物にはマテ・ボバンMate Boban)、ヤドランコ・プルリッチJadranko Prlić)、アンテ・イェラヴィッチAnte Jelavić)、ドラガン・チョヴィッチ(Dragan Čović)、イヴォ・ミロ・ヨヴィッチhrenIvo Miro Jović)らがいる。

クロアチア民主同盟から別れた政党には、次のようなものがある。

党首[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]