クロアカコウモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロアカコウモリ
VespertilioFormosusFord.jpg
保全状況評価
情報不足(DD)環境省レッドリスト
Status jenv DD.png
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: コウモリ目 Chiroptera
: ヒナコウモリ科 Vespertilionidae
: ホオヒゲコウモリ属 Myotis
: クロアカコウモリ
M. formosus
学名
Myotis formosus
(Hodgson, 1835)
和名
クロアカコウモリ
英名
Copper-winged Bat

Myotis formosus distribution.png

クロアカコウモリMyotis formosus)は、コウモリ目(翼手目)・ヒナコウモリ科ホオヒゲコウモリ属に分類されるコウモリの一種。

分布[編集]

アフガニスタン東部から中国西部にかけての地域、朝鮮半島台湾フィリピンジャワ島バリ島、日本(対馬)に分布する[1]

特徴[編集]

前腕長45-50mm、頭胴長45-70mm、尾長43-52mm[1]。体毛や飛膜、耳介などは橙色を帯びており、体色は派手である[1]

韓国では洞窟に、台湾では家屋に集団で集まり、ねぐらとしていることが確認されているが、日本での昼間のねぐらについては不明[2][3]。出産は6-7月頃と考えられている[3]

対馬における記録は非常に少なく、迷い込んできた個体の可能性もある[1]。1968年以降、本種に関する対馬での情報はなかったが、2006年9月に4個体が確認された[3]。日本における化石記録はない[3]

「ヒマラヤコウモリ」や「ツシマホオヒゲコウモリ」という和名で呼ばれたこともある[4]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 阿部永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎悟・米田政明 『日本の哺乳類 改訂版』 東海大学出版会2005年7月20日ISBN 4-486-01690-4
  2. ^ 小宮輝之 『フィールドベスト図鑑 日本の哺乳類』 学習研究社2002年3月29日ISBN 4-05-401374-0
  3. ^ a b c d S. D. Ohdachi, Y. Ishibashi, M. A. Iwasa, T. Saitoh (2009-07). The Wild Mammals of Japan. Shoukadoh. ISBN 978-4-87974-626-9. 
  4. ^ 前田喜四雄「シリーズ 日本の哺乳類 種名検討編, 日本産翼手目(コウモリ類)の和名再検討」、『哺乳類科学』第36巻第2号、日本哺乳類学会、1997年6月30日、 237-256頁、 NAID 10016303138JOI:JST.JSTAGE/mammalianscience/36.237