クレーン郡 (テキサス州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テキサス州クレーン郡
クレーン郡の位置を示したテキサス州の地図
郡のテキサス州内の位置
テキサス州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1887年
郡庁所在地 クレーン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,036 km2 (786 mi2)
2,036 km2 (786 mi2)
人口
 - (2010年)
 - 密度

4,375人
2人/km2 (5人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5

クレーン郡: Crane County)は、アメリカ合衆国テキサス州の西部に位置するである。2010年国勢調査での人口は4,375人であり、2000年の3,996人から9.5%増加した[1]郡庁所在地は唯一の都市であるクレーン市(人口3,353人[2])であり[3]、同郡で人口最大の町でもある。クレーン郡は1887年に設立され、郡名はベイラー大学の学長を務めたウィリアム・キャリー・クレーンに因んで名付けられた。

歴史[編集]

インディアン[編集]

クレーン郡となった地域の最初の住人はインディアンだった。後に入ってきた部族としてはコマンチ族やアパッチ族カイオワ族がいた[4]

郡の成立と成長[編集]

1887年、クレーン郡はトムグリーン郡の一部から設立され、郡名はベイラー大学を創立したウィリアム・キャリー・クレーンに因んで名付けられた。開拓者が郡内に入ってきたのはその後何年も経ってからであり、1927年になって組織化が行われた。1900年、国勢調査では人口51人、牧場数12に過ぎなかった。1918年でも道路すら無かった[5]

1925年遅く、チャーチ・アンド・フィールズ探索会社が石油掘削の許可を取得した。第1号油井は1926年3月に据えられた[6]

1927年の郡人口は6,000人と推計されていた。クレーンの町の人口は約4,500人だった[7]。郡内のどこでも水が1バーレル1ドルから2.25ドルで運ばれた。1926年に石油が発見されて以来、1991年までに生産された石油の累計は 1,552,324,000 バーレル (246,799,800 m3) になった。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、郡域全面積は786平方マイル (2,035.7 km2)であり、事実上全て陸地である[8]

主要高規格道路[編集]

隣接する郡[編集]

人口動態[編集]

人口推移
年度 人口
1890 15
1900 51 240.0%
1910 331 549.0%
1920 37 −88.8%
1930 2,221 5,902.7%
1940 2,841 27.9%
1950 3,965 39.6%
1960 4,699 18.5%
1970 4,172 −11.2%
1980 4,600 10.3%
1990 4,652 1.1%
2000 3,996 −14.1%
2010 4,375 9.5%
U.S. Decennial Census[9]
Texas Almanac: 1850-2010[10]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである。

基礎データ

  • 人口: 3,996人
  • 世帯数: 1,360 世帯
  • 家族数: 1,082 家族
  • 人口密度: 2人/km2(5人/mi2
  • 住居数: 1,596軒
  • 住居密度: 1軒/km2(2軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 31.9%
  • 18-24歳: 7.7%
  • 25-44歳: 26.9%
  • 45-64歳: 22.6%
  • 65歳以上: 10.9%
  • 年齢の中央値: 34歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 94.8
    • 18歳以上: 90.5

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 43.4%
  • 結婚・同居している夫婦: 67.8%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 7.9%
  • 非家族世帯: 20.4%
  • 単身世帯: 18.8%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 9.5%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.91人
    • 家族: 3.35人

収入[編集]

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 32,194米ドル
    • 家族: 36,820米ドル
    • 性別
      • 男性: 33,438米ドル
      • 女性: 16,806米ドル
  • 人口1人あたり収入: 15,374米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 13.4%
    • 対家族数: 12.4%
    • 18歳未満: 15.3%
    • 65歳以上: 10.5%

経済[編集]

郡経済の中で最大の産業は石油とガスの生産である。ワッデル牧場には2007年時点で800以上の生産油井があり、パーミアン盆地ロイヤルティ・トラストの中で単一のものとして最大である。石油が発見されて以来、累計で15億バーレル (240,000,000 m3) が生産されており、テキサス州の中で石油生産高でトップクラスの郡である。その他に牛の牧畜と地方政府が大きな雇用主である。503,000エーカー (2,040 km2) 以上の土地が家畜の放牧に使われている[5]

都市と町[編集]

未編入の町[編集]

  • タブスコーナー

脚注[編集]

  1. ^ Quickfacts.census.gov - Crane County - accessed 2011-12-06.
  2. ^ American FactFinder - Crane, Texas - accessed 2011-12-06.
  3. ^ Find a County, National Association of Counties, http://www.naco.org/Counties/Pages/FindACounty.aspx 2011年6月7日閲覧。 
  4. ^ Newcomb Jr, W W (1972). “Fromt Foot to Horse”. The Indians of Texas: From Prehistoric to Modern Times. University of Texas Press. pp. 85–102. ISBN 978-0-292-78425-3. 
  5. ^ a b Leffler, John. “Crane County, Texas”. Handbook of Texas Online. Texas State Historical Association. 2010年12月13日閲覧。
  6. ^ Warner, C.A.; Thompson, Ernest O (2007). Texas Oil & Gas Since 1543. Copano Bay Press. p. 295. ISBN 978-0-9767799-5-7. 
  7. ^ Texas Escapes, Crane [1]
  8. ^ Census 2000 U.S. Gazetteer Files: Counties”. United States Census. 2011年2月13日閲覧。
  9. ^ U.S. Decennial Census
  10. ^ Texas Almanac: County Population History 1850-2010

外部リンク[編集]

座標: 北緯31度25分 西経102度31分 / 北緯31.41度 西経102.52度 / 31.41; -102.52