クレメンス・ヴィンクラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Clemens Alexander Winkler

クレメンス・アレクサンダー・ヴィンクラーClemens Alexander Winkler1838年12月26日- 1904年10月8日)はドイツ化学者である。ゲルマニウム1886年に発見した。ゲルマニウムはメンデレーエフ周期表作成の際に存在を予言した元素の中で、最初に発見された元素になった。

1838年フライベルクに生まれた。父親は化学者のクルト・ヴィンクラー、叔父は鉱物学者のヘルマン・ブライトハウプトである。インジウムの発見者の一人のフェルディナント・ライヒとも近い関係にあった。フライベルク鉱山専門学校(フライベルク工科大学)に入り、1864年からの同校の無機化学の教授になった。

アージロード鉱(Argyrodite、Ag8GeS6)と呼ばれる硫黄を含む鉱石の分析中にゲルマニウムを発見した。1897年までに、これがメンデレーエフが存在を予言した未発見の元素エカシリコンであることを示した。

ヴィンクラーは1904年ドレスデンで没した。

クレメンス・ヴィンクラーが発明した三方コック