クレジット・サポート・アネックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クレジット・サポート・アネックスCredit Support AnnexCSA)は金融派生商品(デリバティブ)取引に伴う担保契約である。

当事者間で結ぶ担保差入に関する契約であり、ISDAマスター契約の一部もしくは付随する担保契約書である(ISDA Credit Support Annex)。

現在では、OISへの対応等を鑑み、ISDAにおいてCSAを標準化する取り組みが進んでいる(SCSA:Standard Credit Support Annex)。

CSAの条項[編集]

必要担保額は、エクスポージャー、独立担保額及び信用極度額により計算される。

エクスポージャー(Exposure)[編集]

デリバティブ取引の時価評価額(MTM、未実現損益)の合計額のこと。

相手(カウンターパーティー)に対してエクスポージャー(時価評価額)が正(プラス)の状態は、いわば”勝っている状態”であり、債権者として相手の信用リスクを負っていることとなる(相手がデフォルトした場合、こちらの勝ち分を受け取れない)。

逆にエクスポージャーが負(マイナス)の場合は、いわば”負けている状態”であり、相手に債務を負っている。この場合、自身は相手に対して信用リスクは持たないが、相手は自身の信用リスクを負っていることとなる。

独立担保額(Independent Amount)[編集]

エクスポージャーや担保価値の変動リスクのために、当事者の双方それぞれに設定される担保の金額である。

当事者の信用(格付)、取引量(想定元本)、取引の種類(ボラティリティの高さ)によって設定される。

信用極度額(Threshold)[編集]

相手先と無担保で取引ができる信用枠の金額のことである。

相手の格付けが高いほど信用極度額は大きく、格付けが低いほど信用極度額は小さくなる。

必要担保額(Credit Support Amount)[編集]

CSAに基づき、相手から差し入れられるべき担保の金額のことである。以下のように加算と減算により計算される。

加算
  • 相手に対するエクスポージャー
  • 相手の独立担保額
減算
  • 自身の独立担保額
  • 相手の信用限度額

外部リンク[編集]