クレサーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレサーレ
Kuresaare
Kuressaare.castle.1.jpg
クレサーレ城
Kuressaare lipp, 2010.jpg Kuressaare coatofarms.png
市旗 市章
位置
クレサーレの位置の位置図
クレサーレの位置
座標 : 北緯58度15分 東経22度29分 / 北緯58.250度 東経22.483度 / 58.250; 22.483
行政
エストニアの旗 エストニア
 県 サーレ
 行政区画 クレサーレ
 市 クレサーレ
市長 Urve Tiidus
地理
面積  
  市域 14.95 km2
標高 5 m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 14,898人
    人口密度   996.52人/km2
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間 (UTC+2)
夏時間 東ヨーロッパ夏時間 (UTC+3)
郵便番号 93813
公式ウェブサイト : www.kuressaare.ee

クレサーレエストニア語:Kuressaareドイツ語:Arensburg)は、エストニアサーレマー島にある都市。クレッサーレとも。リガ湾に面している。

歴史[編集]

クレサーレが最初に歴史に登場したのは1422年である。町は司教邸宅(1381年にラテン語名アルクス・アクイラエとして記載あり)周辺で発展した。

1559年、エゼル=ヴィーク司教公(en:Bishopric of Ösel-Wiek)からデンマークへと町は売却された。1563年にホルシュタイン公マグヌス(en:Magnus, Duke of Holstein)からリガに与えられた市民憲章をモデルとした、市民憲章を町は獲得した。

1645年、トルステンソン戦争後に締結されたブレムセブルー条約によって、町はスウェーデン支配下に入った。クレサーレは当時ドイツ語で公式にアレンスブルク、スウェーデン語でアレンスベリとして知られていた。

大北方戦争中の1710年、町はロシア帝国軍によって火を放たれ焼け落ちた。1721年のニスタット条約において、町はロシア領とされた。18世紀の間クレサーレは大衆的なリゾート地であった。

第一次世界大戦でエストニアが独立を宣言すると、町の名はエストニア語のクレサーレに改名された。ソビエト連邦に含まれていた1952年から1988年まで、クレサーレ出身のボリシェヴィキであるヴィクトル・キンギセップにちなみ、町はキンギセパ(Kingissepa)と呼ばれていた。1990年10月、クレサーレはエストニア初の自治都市となった。

出身の著名人[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]

(英語) Kuressaare.ee - Official Website