クレオダ (マーシア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クレオダ(Creoda540年-593年)は七王国時代マーシア王国に君臨した王(在位585年 - 593年)。マーシア王家の始祖として考えられている。

記録によれば、クレオダはキュネワルドの息子、クネバの孫、そしてイチェルの曾孫と書かれている。マーシアの王族はイクリンガス(Iclingas)と呼ばれていた。記録ではクレオダはイングランドに定住したアングル人の四世代目であると書かれているが、同時に彼はマーシア王国の創始者であるとも書かれている。これは、移動を重ねたアングル人の一派が最終的に東遠方へと移り、そしてクレオダの時代になって現在でマーシアと呼ばれる地域となったのだという説が挙げられている。

アングロサクソン諸国の初期の王に例と同じく、彼の生涯についてはほとんど分かってはいない。アングロサクソン年代記では彼の死は593年と伝えている。

先代:
(建国)
マーシア王
初代
566‐593
次代:
ピュバ