クレイ郡 (ネブラスカ州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯40度52分 西経98度05分 / 北緯40.867度 西経98.083度 / 40.867; -98.083

ネブラスカ州クレイ郡
Clay County Courthouse (Nebraska) 6.jpg
クレイ・センターにある郡庁舎
(2009年11月9日撮影)
クレイ郡の位置を示したネブラスカ州の地図
郡のネブラスカ州内の位置
ネブラスカ州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1855年
郡名の由来 ヘンリー・クレイから
郡庁所在地 クレイ・センター
最大都市 サットン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

1,487 km2 (574 mi2)
1,484 km2 (573 mi2)
0 km2 (0 mi2), 0.09%
人口
 - (2000年)
 - 密度

7,039人
5人/km2 (13人/mi2)
標準時 中部: UTC-6/-5
ウェブサイト www.claycounty.ne.gov

世界 > 北アメリカ > アメリカ合衆国 > ネブラスカ州 > クレイ郡

クレイ郡: Clay County)は、アメリカ合衆国ネブラスカ州にある2000年時点での人口は7,039人で、郡庁所在地クレイ・センター (Clay Center) 。ケンタッキー州選出のアメリカ合衆国上院議員アメリカ合衆国国務長官などを務めた同国の大物政治家、ヘンリー・クレイにちなんで名づけられた。

ネブラスカ州のナンバープレートで、クレイ郡の車両は最初の数字が30になっている。これは1922年にナンバープレートの制度を確立した際、クレイ郡の車両登録数が州内の郡のなかで30番目に多かったからである。

地理[編集]

アメリカ合衆国国勢調査局によると、この郡は総面積1,485 km² (574 mi²) である。このうち1,484 km² (573 mi²)が陸地で、1 km² (0 mi²) が海や湖などの水地域である。総面積のうち0.09%が水地域となっている。

隣接する郡[編集]

人口動静[編集]

2000年の時点での郡の人口ピラミッド
人口推移
人口 変動率
1860年 165
1870年 54 −67.3%
1880年 11,294 20814.8%
1890年 16,310 44.4%
1900年 15,735 −3.5%
1910年 15,729 −0.0%
1920年 14,486 −7.9%
1930年 13,571 −6.3%
1940年 10,445 −23.0%
1950年 8,700 −16.7%
1960年 8,717 0.2%
1970年 8,266 −5.2%
1980年 8,106 −1.9%
1990年 7,213 −11.0%
2000年 7,039 −2.4%
ネブラスカ州の各郡の人口推移

2000年国勢調査[1]によると、クレイ郡には7,039人、2,756世帯、及び1,981家族が暮らしている。人口密度は5/km² (12/mi²) で、2/km² (5/mi²) の平均的な密度に3,066軒の住居が建っている。この郡の人種の構成は白人97.57%、黒人(アフリカ系アメリカ人)0.17%、先住民0.31%、アジア系0.30%、太平洋諸島系はおらず、その他の人種1.24%、及び混血0.41%で、3.48%の人々がヒスパニックまたはラテン系である。郡民の49.4%がドイツ系、7.2%がイングランド系、7.2%がアメリカ系、5.4%がスウェーデン系、5.3%がアイルランド系移民の子孫である。

クレイ郡に住む2,756世帯のうち、32.90%は18歳未満の子どもと暮らしており、63.70%は夫婦で生活している。5.50%は未婚の女性が世帯主であり、28.10%は家族以外の住人と同居している。25.70%は独居で、全世帯の13.10%は65歳以上の独居老人世帯である。1世帯あたりの平均人数は2.52人であり、家庭の場合は3.03人である。

郡の住民は27.30%が18歳未満の子どもで、18歳以上24歳以下が5.90%、25歳以上44歳以下が25.30%、45歳以上64歳以下が23.60%、および65歳以上が18.00%となっている。平均年齢は40歳である。女性100人に対して男性は95.10人いて、18歳以上の女性100人に対しては男性は95.00人いる。

郡の世帯ごとの平均収入は34,259米ドルで、家族ごとでは39,541米ドルである。男性の28,321米ドルに対して女性は19,870米ドルの平均的な収入がある。この郡の一人当たりの収入 (per capita income) は16,870米ドルである。総人口の10.40%、家族の8.50%は貧困線以下である。18歳未満の子どもの13.40%及び65歳以上の6.60%は貧困線以下の生活を送っている。

都市、村およびその他コミュニティ[編集]

郡区[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]