クレイマン・クレイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クレイマン・クレイマン』はクレイアニメを用いたプレイステーション用のゲームソフト、及びそのシリーズである。製作はThe Neverhood, Inc.、発売はDreamWorks Interactive日本ではリバーヒルソフトが発売した。

シリーズ[編集]

登場人物[編集]

クレイマン

本作品の主人公。間抜けな一面を持つ。

ウィリー

クレイマンのを蒔いた人物。カセット再生時にも登場する。

ホーボーグ王

ネバーフッドの創造主。クロッグに王冠を奪われて眠ってしまう。

クロッグ

ホーボーグが最初に生み出した人物。ホーボーグの王冠を奪ってしまう。

ギル

クマのぬいぐるみが宝物の自立型ロボット正義はスイッチで切り替えられるが、基本的には正義側で行動する。

ストーリー[編集]

ホーボーグ王が自らの力で作り出したネバーフッドとよばれる不思議世界で、主人公クレイマンは、ホーボーグ王を眠りにつかせた張本人クロッグをなんとなく懲らしめたいと思い、立ち上がる。

ゲーム内のオブジェクト[編集]

恐竜頭の水道があるほこら

スイッチを押すことで、その水道が流れるエリアにも水を流す事ができる。

ラジオ

ゲーム内のどこかで作動させることができるラジオ。また、機能させるにはどこかで音楽を聞き、周波数を合わせる必要性がある。

赤い大きなキノコ

くて大きな実のなるキノコ。クレイマンが実を食べると…?

スロットカー

ライントレースの移動用マシン。特定の場所にしかないが、手動で動き、赤と緑色の2種類がある。

カセット

このゲームにおける重要アイテム。各地に散在しており、集めればウィリーの物語を聞くことが出来る。

ワープマシン

ネバーフッドにいくつも存在する移動装置。初めは一つしか移動できないが、各地を回ることでそこに存在するマシン記憶していき、ワープマシンの間で自由に行き来できるようになる。