クレイグ・モットラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレイグ・モットラム
Craig Mottram
Portal:陸上競技
Craig Mottram Valence 2008.jpg
2008年世界室内陸上競技選手権大会にて
選手情報
愛称 Big Mzungu
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
競技 陸上競技
種目 5000m
生年月日 1980年6月18日(33歳)
生誕地 ビクトリア州 フランクストン
身長 188cm
体重 71kg
 
獲得メダル
オーストラリアの旗 オーストラリア
男子 陸上競技
世界陸上競技選手権大会
2005 ヘルシンキ 5000m
IAAFワールドカップ
2002 マドリード 3000m
2006 アテネ 3000m
コモンウェルスゲームズ
2006 メルボルン 5000m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

クレイグ・モットラムCraig Stuart Mottram1980年6月18日 - )は、オーストラリア陸上競技選手、専門は長距離走2005年世界陸上競技選手権大会男子5000m銅メダリスト。

1マイル競走から5000m、10kmロードなど6種目のオセアニア記録保持者であり、2004年から2008年まで5年連続してオーストラリア選手権5000mを制した。オリンピックにはシドニーから3大会連続出場している。またIAAFワールドカップ3000mを2度制した。

人物[編集]

1980年6月18日ビクトリア州フランクストンに生まれた。主に5000mを専門とする選手であり、名門校として名高いジーロング・グラマー・スクール(en)に通った。

6.2フィート(188cm)の体は、長距離走の選手としては長身である[1]。ケニア人選手からは「ビッグ・ミズング」、スワヒリ語で意味するところの大きな白人という愛称で呼ばれることがある[1]プレミアリーグサンダーランドAFCサポーターであり、2006年のグレートノースランにはサンダーランドのユニフォームを着て出場した[2]。またオーストラリア代表として国際千葉駅伝に数度出場している。

弟のネイル・モットラムはバスケットボール選手であり、その夫人ジェニ・スクリーン(en)はバスケットボールオーストラリア代表である[3][4]

経歴[編集]

2000年9月、モットラムはシドニーオリンピック5000mに出場し、20歳にしてオリンピックの初舞台を踏んだ。予選2組8着となり決勝進出はならなかったが、組1位アリ・サイディ=シエフと2秒差の13分31秒06とまずまずの記録を残している。シドニー後の4年の間に経験を積み成長を見せて、アテネオリンピック5000mでは13分25秒70の記録で8位に入る健闘を見せた。

2005年4月、例年ダブリンフェニックス・パークで開催される10kmロードの国際大会グレートアイルランドラン(en)に出場し、大会新記録を樹立して優勝した。またこの大会では2003年から2006年まで4年連続優勝を飾っている。

2005年8月14日、モットラムは世界陸上競技選手権大会5000mに出場した。レースは大きな仕掛けがないまま落ち着いたペースで進み、残り1周になってシレシ・シヒネがスパート、モットラムがこれに続くラスト勝負になった。後ろから来たベンジャミン・リモに交わされ、シヒネにも届かなかったものの、13分32秒96を記録して0秒41差の3位に入り銅メダルを獲得した。[5]

2006年3月9日、モットラムはメルボルンの競技会において2000mのオーストラリア記録を12年ぶりに更新した。3月20日のコモンウェルスゲームズ5000mでは12分58秒19を記録して、オーガスティン・キプロノ・チョゲに次ぐ2位に入った[6]。3月25日の1500mにも出場し3番手につけてレースを進めたが、800m過ぎで直後にいたアンドリュー・バッデリーにかかとを踏まれて転倒、20mの遅れを取り9位に終わった[7]

2007年、モットラムはメルボルンで開催されたテルストラAシリーズから始動し、ラスト1周は53秒を記録するレースぶりでケニアのボニフェイス・ソンゴクらを下している。6月10日にユージーンで開催されたプリフォンテインクラシック2マイルでは、非アフリカ人選手最速であり世界歴代3位となる8分03秒50を記録して優勝した[8]。このレースではタリク・ベケレマット・テゲンカンプデイゼン・リツェンハインらを下している。

2007年は好調な滑り出しを見せたシーズンだったが、世界陸上競技選手権大会に向けた練習中にハムストリングを故障した[9]。このような状態であったが9月の世界陸上競技選手権大会5000mでは決勝に進出して13位の成績を残した。

2008年はモットラムにとって浮き沈みの激しい1年になった。2月のメルボルングランプリ5000mに優勝し、オーストラリア選手権の5000m・3000mをも制した[10]。3月にバレンシアで開催された世界室内陸上競技選手権大会3000mでは5位となった。ボストン室内グランプリの3000mでも優勝を飾り、ハイレ・ゲブレセラシェが持っていた大会記録を更新した[11]。連覇が掛かった6月のプリフォンテインクラシック2マイルではバーナード・ラガトに敗れたが、7月のDNガラン3000mで優勝を飾った[12]

モットラムは好調を維持したまま8月の北京オリンピックを迎えたが、ここでは全く期待はずれの結果に終わっている。出場した5000m予選3組は極端なスローペースで進み、モットラムは残り600mからスパートしたものの、ケネニサ・ベケレバーナード・ラガトらに及ばない13分44秒39の5着となり決勝進出はならなかった[13]。モットラムはキャシー・フリーマンのコーチとして知られたニック・ビドーの指導を受けていたが、北京オリンピック後の失意からビドーとの関係を解消し、コーチを置かずにセルフマネジメントを始めた[14]

2009年、モットラムはケガを抱えてレースに出場することができず、世界陸上競技選手権大会にも出場できなかった。この年にはプロ転向以来の所属であったナイキを離れて、アディダスと契約した[1]。また、かつてスティーブ・モネゲッティを指導したクリス・ワードローをコーチに迎えた[15]。11月になってようやく1年ぶりのレース復帰が叶い、国際千葉駅伝に出場した。1区5kmを13分23秒で走り上野裕一郎柏原竜二らに先着して区間賞を獲得した。

2010年9月4日、シェフィールドで開催されたグレートヨークシャイアランに出場し、クリス・トンプソンを1秒差で下して優勝した[16]

主な戦績[編集]

大会名 開催地 種目 結果 記録 備考
2000 オリンピック オーストラリアの旗 シドニー 5000m 予選 13分31秒06 2組8着
2001 世界クロスカントリー選手権 ベルギーの旗 オーステンデ 4km 8位 12分49秒 ショート
世界陸上競技選手権大会 カナダの旗 エドモントン 1500m 予選 3分43秒21
2002 世界クロスカントリー選手権 アイルランドの旗 ダブリン 4km 5位 12分27秒 ショート
IAAFワールドカップ スペインの旗 マドリード 3000m 優勝 7分41秒37
2004 世界クロスカントリー選手権 ベルギーの旗 ブリュッセル 4km 9位 11分51秒 ショート
世界クロスカントリー選手権 ベルギーの旗 ブリュッセル 12km 13位 37分10秒 ロング
オリンピック ギリシャの旗 アテネ 5000m 8位 13分25秒70
2005 世界クロスカントリー選手権 フランスの旗 サン=テティエンヌ 12km 22位 37分11秒 ロング
世界陸上競技選手権大会 フィンランドの旗 ヘルシンキ 5000m 3位 13分32秒96
2006 世界クロスカントリー選手権 日本の旗 福岡 4km 11位 11分10秒 ショート
IAAFワールドカップ ギリシャの旗 アテネ 3000m 優勝 7分32秒19
2007 世界陸上競技選手権大会 日本の旗 大阪 5000m 13位 13分56秒24
2008 オリンピック 中華人民共和国の旗 北京 5000m 予選 13分44秒39 3組5着

記録[編集]

種目 記録 場所 年月日
1500m 3分33秒97 スイスの旗 チューリッヒ 2006年8月18日
1マイル 3分48秒98 ノルウェーの旗 オスロ 2005年7月29日
2000m 4分50秒76 オーストラリアの旗 メルボルン 2006年3月9日
3000m 7分32秒19 ギリシャの旗 アテネ 2006年9月17日
2マイル 8分03秒50 アメリカ合衆国の旗 ユージーン 2006年8月18日
5000m 12分55秒76 イギリスの旗 ロンドン 2004年7月30日
10000m 27分34秒48 アメリカ合衆国の旗 パロアルト 2008年5月4日
10kmロード 27分54秒 イギリスの旗 マンチェスター 2004年5月23日
太字 - オセアニア記録

脚注[編集]

  1. ^ a b c Joe Battaglia (2010-9-16). Mottram on road to recovery in Newcastle Universal Sports. 2010年12月31日閲覧。
  2. ^ The Bupa Great North Run LIFE (2006-10-01). 2010年12月31日閲覧。
  3. ^ Jenny McAsey (2008-07-05). Mountain-man Mottram keeping Beijing powder dry オーストラリアン. 2010年12月31日閲覧。
  4. ^ Olympics Day 1 - Basketball LIFE (2008-08-09). 2010年12月31日閲覧。
  5. ^ Pat Butcher (2005-08-14). Helsinki 2005 – Highlights, Day 9 – FINAL session IAAF. 2010年12月31日閲覧。
  6. ^ Melbourne's magic moments breathe life into Games オーストラリア放送協会 (2006-03-26). 2010年12月31日閲覧。
  7. ^ Luke Pentony (2006-03-26). That's racingr オーストラリア放送協会. 2010年12月31日閲覧。
  8. ^ David Powell (2007-12-17). 2007 IAAF Grand Prix Review – Part ONE IAAF. 2010年12月31日閲覧。
  9. ^ Edward Ovadia (2008-11-28). Gebrselassie and Dita the headliners in Sunday’s inaugural Melbourne 15 km IAAF. 2010年12月31日閲覧。
  10. ^ Melbourne calls up young Ethiopian duo to take on Mottram – IAAF World Athletics Tour IAAF (2008-01-22). 2010年12月31日閲覧。
  11. ^ Parker Morse (2008-01-27). Defar runs 9:10.50 Two Miles World best in Boston IAAF. 2010年12月31日閲覧。
  12. ^ Chris Turner (2008-07-22). Powell dips to beat Bolt; Defar just short of 5000m World record - IAAF World Athletics Tour, Stockholm IAAF. 2010年12月31日閲覧。
  13. ^ Craig Mottram Sports-Reference. 2010年12月31日閲覧。
  14. ^ Raelene Boyle (2006-03-22). Bideau's methods are make or break シドニーモーニングヘラルド. 2010年12月31日閲覧。
  15. ^ Scott Gullan (2009-02-05). Distance champion Craig Mottram has appointed Chris Wardlaw as his coach ヘラルドサン. 2010年12月31日閲覧。
  16. ^ Mills, Steven (2010-09-05). Murray defends Yorkshire 10km title. Athletics Weekly. 2010年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]