クルーズトリパノソーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルーズトリパノソーマ Trypanosoma cruzi
Trypanosoma cruzi crithidia.jpeg
クルーズトリパノソーマ Trypanosoma cruzi
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: エクスカバータ Excavata
亜界 : ユーグレノゾア Euglenozoa
: キネトプラスト目 Kinetoplastida
: トリパノソーマ科 Trypanosomatidae
: Trypanosoma
亜属 : Schizotrypanum
: クルーズトリパノソーマ T. cruzi
学名
Trypanosoma (Schizotrypanum) cruzi Chagas, 1909[1]
和名
クルーズトリパノソーマ

クルーズトリパノソーマ(学名:Trypanosoma cruzi)とは、鞭毛虫キネトプラスト類トリパノソーマ属に属する原虫の1種であり、ヒトシャーガス病の原因となる。サシガメにより媒介され、感受性動物はヒトを含む150種以上の哺乳類。米国南部、中南米に分布。ヒトにおけるシャーガス病の症状は発熱、全身性の浮腫脾臓肝臓の腫大、原虫血症心筋炎脳炎など。亜種に、Trypanosoma cruzi marinkellei Baker, Miles, Godfrey et Barret, 1978 がある[1]

クルーズトリパノソーマの生活環

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 今井壯一ほか編 『最新家畜寄生虫病学』 朝倉書店 2007年 ISBN 4254460279

関連項目[編集]