クルーの館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Leonardo Da Vinci's house.jpg

クルーの館(クルーのやかた)クロ・リュセ (Clos Lucé)は、フランス王フランソワ1世が幼年期を過ごした館。アンボワーズ城の近くにある。現在この二つの建物は地下通路で繋がっている。15世紀半ばに建てられ、1490年にシャルル8世のものとなり、王妃アンヌ・ド・ブルターニュが住むことになる。

その後、フランソワ1世の姉のマルグリット・ド・ナヴァルが住み、彼女はそこで『エプタメロン』を執筆した。また、フランソワ1世は1516年に晩年のレオナルド・ダ・ヴィンチを招いて住まわせた。ダ・ヴィンチは彼が亡くなる1519年までそこに住んだ。

外部リンク[編集]