クルメン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルメン語
Krumen
話される国 コートジボワールの旗 コートジボワール
リベリアの旗 リベリア
地域 西アフリカ
母語話者数 48,300人
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 各種:
ted — テポ語
pye — ピエ語
ktj — プラポ語
テンプレートを表示

クルメン語 (Krumen) は、西アフリカクルメン族言語であり、主な方言の名称からテポ語 (Tepo) 、ピエ語 (pye)、プラポ語 (plapo) に更に分けられる。クルメン族はリベリアから、コートジボワール低サッサンドラ州タブー地方(Tabou)やグラボ地方(Grabo)にかけての沿岸部に住んでいる[1]

クルメン語は、『エスノローグ』の分類ではニジェール・コンゴ語族クル諸語英語版の一派であるグレボ語の、さらに分派であり、テポ語のコートジボワールでの1993年の推計話者数は28,300人、リベリアでの2000年の推計話者数は2,910人[1]。ピエ語の1993年の推計話者数は20,000人[2]。プラポ語の2004年の推計話者数は100人[3]。言語の名称の略号を規定した国際規格であるISO 639コードでは「ted」「ktj」「pye」となる。 テポ語の方言には、Tepo, Bapo, Wlopo (Ropo), Dapo, Honpo, Yrepo (Kapo), Glawlo がある[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]