クルト・ヘンゼル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルト・ヘンゼル

クルト・ウィルヘルム・セバスチャン・ヘンゼル: Kurt Wilhelm Sebastian Hensel1861年12月29日 - 1941年6月1日)は、ドイツの数学者。ケーニヒスベルク生まれ。

父は地主で企業家であり、兄は哲学者(Paul Hensel)、祖母は作曲家ファニー・メンデルスゾーン、祖父は画家ヴィルヘルム・ヘンゼルであり、その祖先は哲学者モーゼス・メンデルスゾーンである。

ベルリン大学ボン大学で数学を学び、レオポルト・クロネッカーカール・ワイエルシュトラスに師事した。

後にマールブルク大学の教授となり、1930年まで勤めた。また数学の学会誌 クレレ誌Crelle's Journal )の編集者も務めた。

1902年、P進数を考案し、それを様々な形で導入したことで知られている。P進数は20世紀の数論や他の分野で重要性が増していった[1]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Rosen, Kenneth (2005). “4”. In Emily Portwood and Mary Reynolds (English). Elementary Number Theory: and Its Applications (fifth ed.). Boston: PEARSON Addison Westley. p. 170. ISBN 0321237072. 

外部リンク[編集]