クルト・フランツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クルト・フーベルト・フランツ(Kurt Hubert Franz, 1914年1月17日 - 1998年7月4日)は、ナチス・ドイツ親衛隊(SS)の将校。ラインハルト作戦によって建設された三大絶滅収容所のひとつトレブリンカ強制収容所の所長をしていた人物。最終階級は親衛隊少尉(SS-Untersturmführer)。

経歴[編集]

デュッセルドルフ出身。デュッセルドルフの小学校を出た後、1929年から幼くしてレストランで料理人として働くようになった。1935年にドイツ国防軍陸軍に入隊したが、1937年には親衛隊(SS)に移った。髑髏部隊に配属され、ブーヘンヴァルト強制収容所の看守となった。1939年からはT4作戦障害者ユダヤ人の安楽死計画)に動員されている。1942年4月に親衛隊曹長に昇進するとともにベウジェツ強制収容所へ配属された。さらに1942年8月にトレブリンカ強制収容所に配属され、フランツ・シュタングル所長の下で副所長となった。1943年6月に親衛隊少尉に昇進。さらに1943年8月からトレブリンカが閉鎖される11月までにかけて所長をつとめた。収容所内では激しいサディズム性を発揮してユダヤ人たちに残虐行為を行った。

戦後、アメリカ軍の捕虜となったが、捕虜収容所から脱走し、再びコックとして働くようになった。しかし1959年から西ドイツ司法官憲に拘束されて収容所で行った行為について裁判にかけられた。1965年に終身刑判決を受けて投獄された。1993年になって健康状態を理由にして釈放され、1998年ヴッパータール老人ホームで死去した。84歳没。

関連項目[編集]