クルト・フォン・ハンマーシュタイン=エクヴォルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クルト・ゲプハルト・アドルフ・フィリップ・フォン・ハンマーシュタイン=エクヴォルト男爵(Kurt Gebhard Adolf Philipp Freiherr von Hammerstein-Equord, 1878年9月26日1943年4月23日)は、ドイツ軍人。最終階級は上級大将1929年1930年兵務局長(参謀総長)を、1930年‐1933年に陸軍統帥部長を務めた。ナチスに対する抵抗運動にも加わっていた。

経歴[編集]

初期の軍歴[編集]

メクレンブルク=シュトレーリッツ大公国の高級官吏の息子として、軍人を輩出した古い貴族の家系にヒンリヒスハーゲンで生まれる。10歳で陸軍幼年学校に入学し、陸軍士官学校を経て、1898年に第3近衛歩兵連隊に准尉として配属される。同じ部隊に、ヴァイマル共和政時代に国防相・首相となるクルト・フォン・シュライヒャーがおり、二人は親しくなった。ヴァルター・フォン・リュトヴィッツ将軍(のち1920年のカップ一揆に参加)の娘と結婚し、三男四女をもうけた。

1907年‐1910年の陸軍大学入学を経て、1911年に参謀本部付となる。1909年に中尉、1913年に大尉に昇進。第一次世界大戦中は参謀将校としてさまざまな部局(参謀次長副官、第7後備軍団作戦部長、参謀本部統帥局作戦部長)に配属。1914年にはフランドルで中隊長を務め、鉄十字章を受章したこともある。1917年に少佐に昇進。戦後のヴァイマル共和国でも軍に残り、義父が率いる軍団の参謀となる。1920年、中佐に昇進しカッセルの第2軍管区作戦部長。1922年にミュンヘンに駐屯する部隊で大隊長。

兵務局長・陸軍統帥部長官[編集]

ハンマーシュタイン=エクヴォルト(左端)、エーリッヒ・レーダー(右端)、オスカー・フォン・プロイセンら(1929年、第一次世界大戦戦没衛生兵記念碑除幕式にて)

その後各地部隊の参謀を経て、中将当時の1929年10月に兵務局長に任命された。兵務局長として、敵国の侵攻に対しては遅滞防衛で凌いで国際連盟の介入を待つという、ドイツの防衛戦略を策定した。また1930年には1923年以来の総動員計画を改訂し、平時7個師団を戦時には21個師団に増員するとした。1929年、ヴィルヘルム・ハイエ上級大将が陸軍統帥部長(陸軍最高司令官)を辞任すると、かつての親友シュライヒャー国防次官、ヴィルヘルム・グレーナー国防相、ハインリヒ・ブリューニング首相の支持を得てその後任に就任した。1930年に歩兵大将に昇進。陸軍最高司令官として、戦時の42個師団増員、徴兵制の導入などを計画した。

1933年1月、アドルフ・ヒトラーのナチス党が政権を獲得する。ハンマーシュタイン=エクヴォルトはナチスに対して軍の中立を保つよう努めた。早くも2月にヒトラーはハンマーシュタイン=エクヴォルトら軍の最高指導者を訪ねて自分の戦争計画を説明したが、ヒトラーの回顧によれば「壁に向かって話しているようだった」という。しかし新国防大臣ヴェルナー・フォン・ブロンベルク将軍がナチス寄りの姿勢で軍部のナチス支配下への取り込みを進めたため、ハンマーシュタイン=エクヴォルトの立場は徐々に厳しいものとなった。1933年12月にハンマーシュタイン=エクヴォルトは辞表を提出し、後任にはヴェルナー・フォン・フリッチュ中将が就任した。同時に上級大将を最後に軍を退役した。

反ナチス活動[編集]

ブロンベルク国防相と対立していたハンマーシュタイン=エクヴォルトはその忌避するところとなり、ブロンベルクは非公式に、軍現役高官がハンマーシュタイン=エクヴォルトを訪ねることを禁止した。長いナイフの夜で親友のシュライヒャーが親衛隊員に殺害された折には、軍高官としてただ一人葬儀に立ち会った。その後ハンマーシュタイン=エクヴォルトは軍部内の反ナチス勢力と接触し、その抵抗運動に身を投じた。第二次世界大戦が勃発した1939年9月に現役復帰し、手薄なフランス国境防備を任されたが、フランス軍が攻勢に出ないことが明らかになると早くも9月24日に退役させられた。イギリスの元エージェントの回顧録によれば、この時期ハンマーシュタイン=エクヴォルトがクーデターを画策し、それは西方の前線視察に訪れるヒトラーを拘束する計画だったというが、結局ヒトラーの前線視察は行われず、またこの手記自体の信憑性も疑われている。

大戦中の1943年、ベルリンで癌のため死去した。棺がハーケンクロイツ旗で覆われることを嫌い、家族はベルリンにある軍人墓地への埋葬を拒否した。また総統ヒトラーから贈られた追悼の花輪を地下鉄の駅に「忘れた」という。陸軍将校だった息子二人は、1944年7月20日のヒトラー暗殺計画に加わり投獄されている。

人物[編集]

自身は優れた参謀将校であったが、同僚の軍人たちについては懐疑的できわめて冷淡であった。軍人組織について、副官に以下のように述べたといわれる。

将校には四つのタイプがある。利口、愚鈍、勤勉、怠慢である。多くの将校はそのうち二つを併せ持つ。一つは利口で勤勉なタイプで、これは参謀将校にするべきだ。次は愚鈍で怠慢なタイプで、これは軍人の9割にあてはまり、ルーチンワークに向いている。利口で怠慢なタイプは高級指揮官に向いている。なぜなら確信と決断の際の図太さを持ち合わせているからだ。もっとも避けるべきは愚かで勤勉なタイプで、このような者にはいかなる責任ある立場も与えてはならない。[1]

いかなる過激主義にも反対しており、特にナチズムを嫌っていた。1923年のミュンヘン一揆の際は「ミュンヘンでヒトラー伍長の頭がおかしくなった」とコメントしたという。このような姿勢をブリューニング首相やグレーナー国防相に買われ、1930年に陸軍総司令官に指名された。ナチス政権樹立後は即座に陸軍総司令官を辞任しようとしたが、友人で前首相のシュライヒャーに慰留された。ナチス政権樹立後も将校たちの前でナチスを犯罪者集団呼ばわりしていたという。軍部内で親ナチス派のブロンベルク国防相やヴァルター・フォン・ライヒェナウなどに対する対抗勢力となりえたが、自身の性格や政治活動に興味がないことから反ナチス勢力を組織化しなかったため次第に受身となり、軍部内で孤立していった。

[編集]

  1. ^ ドイツ語版ウィキペディアでは出典として作家ハンス・マグヌス・エンツェンスベルガーの新著Hammerstein oder der Eigensinn. Eine deutsche Geschichte. Frankfurt am Main: Suhrkamp 2008. ISBN 978-3-518-41960-1 (邦訳『がんこなハマーシュタイン―ヒトラーに屈しなかった将軍』晶文社、2009年 ISBN 978-4-7949-6744-2)を挙げているが、原典は不明。


先代:
ヴェルナー・フォン・ブロンベルク
陸軍兵務局長
1929年 - 1930年
次代:
ヴィルヘルム・アダム
先代:
ヴィルヘルム・ハイエ
ドイツ陸軍統帥部長
1930年 - 1933年
次代:
ヴェルナー・フォン・フリッチュ