クルト・シュレーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クルト・シュレーダー(Kurt Schröder, 1888年9月6日 - 1962年1月5日)は、ドイツ指揮者[1]、作曲家。

ハーゲナウの出身。ロストックベルリンで哲学とドイツ学および音楽学を修め、ロストックの劇場で指揮者となった。その後、ケムニッツの歌劇場のコレペティートル、ホジュフやヒルデスハイムの歌劇場の指揮者を経て、1918年にケーニヒスブルクの歌劇場の音楽監督に就任。その後、コーブルクミュンスターの歌劇場の音楽監督を歴任し、1923年にはケルン歌劇場の第一楽長となった。一方で1930年頃から映画音楽の仕事も始め、1933年からロンドンに移り、アレクサンダー・コルダの映画会社のロンドン・フィルムで映画音楽の作曲等を担当した[2]。第二次世界大戦終結後にドイツに戻り、1946年から1953年までヘッセン放送交響楽団の首席指揮者として活動した。

フランクフルト・アム・マインにて没。

[編集]

  1. ^ Chefdirigent: 1946–1953: Kurt Schröder | Kultur | hr-online.de
  2. ^ Kurt Schröder - IMDb