クルターグ・ジェルジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、ヨーロッパ風にジェルジュ・クルターグと表記することもあります。
クルターグ・ジェルジュ
Kurtág György
2002年5月王立音楽アカデミーにて}
基本情報
出生 1926年2月19日(88歳)
ルーマニアの旗 ルーマニアルゴイ
職業 作曲家ピアニスト

バルトーク
マリンシュテイン
ウェーベルン

クルターグ・ジェルジュKurtág György [ˈkurtɑ̈ːɡ ˌɟørɟ], 1926年2月19日 ルーマニアルゴイ Lugoj(旧ハンガリー・ルゴシュ) - )は、ルーマニア出身のハンガリー人の作曲家ピアニスト、室内楽の教授。バルトークマリンシュテインウェーベルンらの影響を受けており、表現主義においてウェーベルンの後継者と言われている。

息子のジェルジュ・クルターグ・ジュニアも作曲家であり、シンセサイザーを用いた即興演奏の奏者である。父、クルターグ・ジェルジュのハンガリーのブダペシュトで行なわれた生誕80周年の記念連続演奏会で、初めてコラボレーションを行なった。

現在、フランスボルドー近郊のクブサックに在住する。

略歴[編集]

1940年ティミショアラカルドシュ・マグダにピアノ、エイシコヴィツ・マックスに作曲のレッスンを受け始める。1946年、ブダペシュトに移りフランツ・リスト音楽院に入学する。ヴェレシュ・シャーンドルファルカシュ・フェレンツに作曲、カドシャ・パールにピアノ、ヴェイネル・レオに室内楽を学ぶ。当初は尊敬するバルトークに教わることを望んでいたため、バルトークの訃報は彼に大きな衝撃を与えた。リゲティ・ジェルジュとの友情はこの頃から育まれる。1951年にピアノと室内楽で卒業、1955年に作曲の学位も得る。

1950年代前半、ハンガリーではスターリン主義政権によりバルトークの後期作品は禁止されており、50年代後半までシェーンベルクや中後期のストラヴィンスキーの音楽が禁止されていた。この束縛を逃れるため、1957年から1958年にかけてパリに留学し、ダリウス・ミヨーオリヴィエ・メシアンの授業に出席した。この頃、ウェーベルン、サミュエル・ベケットの演劇から影響を受け、自身の音楽的思考へ深化させる。この結果が、1959年にブダペストに帰ってから作曲された『弦楽四重奏曲Op.1』である。また、この時期にハンガリー人で芸術心理学者のマリアンヌ・シュタインと共に働く。彼は、最も深い影響を受けた人物として、カルドス・マグダとマリアンヌ・シュタインの名をあげている。『弦楽四重奏曲Op.1』と後の『カフカ断章』はマリアンヌ・シュタインに献呈されている。

1958年から1963年までブダペストのバルトーク・ベーラ音楽高校、1960年から1968年までハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団のトレーナーを務める。

1967年、フランツ・リスト音楽院の教授となる。最初はピアノ、後に室内楽も教える。教え子にはシフ・アンドラーシュコチシュ・ゾルターンらがいる。

1971年、Deutscher Akademischer Austauschdienst (DAAD) の奨学金を得て西ベルリンに滞在する。

1973年、ハンガリーのKossuth賞受賞、1985年フランス政府から芸術文化勲章を授与される。

1981年にパリでチェンゲリ・アドリエンヌ(ソプラノ)、シルヴァン・カンブルラン(指揮)、アンサンブル・アンテルコンタンポランにより初演された『亡きR.V.トリュソーヴァのメッセージ / リンマ・ダロスによる21の詩』でハンガリー国外でも知られるようになり、世界的に高い評価を受けるようになった。この曲以降も声楽・合唱曲はクルターグにとって重要な分野の一つとなっている。

1986年に音楽院を退職するが、1993年までいくつかのクラスで教えた。1993年から1995年にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のレジデンス作曲家を務め、1994年『石碑 Op.33』はクラウディオ・アバド指揮で初演された。

長く暖めていた空間音楽を実現したのがピアノとアンサンブルのための『...quasi una fantasia...』である。長音階の単音の下降から始まる1楽章は、長音階の断片を弾くピアノソロと、小さな鈴のような様々な打楽器によって創られている。深い沈黙と様々に鳴る打楽器によるこの曲からは、まるで俳句のような世界が感じられる。すぐさま、衝撃的な強烈な打楽器にヴィルトゥオーソのピアノが続く。このような二元の世界の共存はまさにクルターグである。1988年10月のベルリン音楽祭のために書かれ、ゾルターン・コチシュ(ピアノ)、エトヴェシュ・ペーテル(指揮)、アンサンブル・モデルンの演奏で初演された。『ヴァイオリン、ヴィオラとオーケストラのためのコンチェルタンテ 裕美と賢へ』Op.42は、まるでこの『...quasi una fantasia...』に回帰するように作曲されているのが興味深い。

クルターグは寡作の作曲家であり、たえず作曲に苦しむ。ブダペシュトでは、「ねーねー、とうとうクルターグが作曲したそうだよ」「それはよかった。それで何を?」「たったたった一つのゲネラル・ポーゼを」という笑い話が語られた。しかし実は毎日のように、まるで手紙や日記のように、友人達にあてた小品を作曲している多作の作曲家でもある。ピアノのための『遊び(Jatekok)』は1973年に第1巻が出版された。1・2巻は、テーケ・マリアンヌを教育的な協同者として、様々な図形を用いて作曲された。最初のピアノ教師であるカルドシュ・マグダに献呈され、「花、人…」とモットーしている。

クルターグは、「子どもがピアノに触れた瞬間から、自由に全鍵盤に上を自由に走り回れたらという考えが、この作品集を生んだ」と前書きを書き始めている。現在8巻までが出版されている。4巻は、連弾と二台のピアノのための作品。5巻以上は、手紙や日記のようなクルターグの作品が収められている。

クルターグは、子どもとおとな、初心者と専門家を区別しない。初心者の子どもが弾く、第1巻1番の「無窮動」や2番「手のひら弾き」3番「花、人…」「結び目」、2巻「Fisのアンティフォーネ」などは、クルターグのリサイタルでほとんど必ず演奏される。

2006年2月には、ブダペシュトで2月15日から19日の5日間にわたって、それまでの代表作による80歳記念演奏会が行われ、『クルターグ』という著書や記念演奏会CDが出版された。

2009年1月31日と2月1日には、カーネギー・ホールで、作品展が行なわれた。31日には、『アンナ・アフマートヴァによる4つの詩』Op.41(1997-2008)が世界初演された。クルターグ夫妻は、二人のソロと四種連弾によるピアノ・コンサートを40年近く行っている。クルターグは、グランド・ピアノの音色を好まない。このカーネギーホールのコンサート以来、終始ソフト・ペダルを踏んだアップライト・ピアノを用い、子息クルターグ・ジュニアのPAによって演奏会を行っている。プログラムは、自身のピアノ小品集『ヤーテーコック(遊び)』1-8巻、 『バッハの編曲集』1-2巻からの抜粋。これらの譜面はEditio Musica Budapestより出版されている。

2010年2010年11月2日、パリ・オペラ座ガルニエ宮 演奏会 -パリ 秋の音楽フェスティヴァルー 第一部クルターグ夫妻ピアノ・リサイタル、第二部、「コリンダ・バラード(Colinda-Balada)」Op.46(テノールと2重合唱と楽器群のための)と「アンナ・アフマートヴァの詩による四つの歌」Op.41(ソプラノと楽器群のための)のパリ初演。

2012年9月22日、パリのシテイ・ホール、クルターグとクルターグ夫人マールタによる演奏。作品は、 バッハの編曲と『ヤーテーコック(遊び)』から。アンコール5回を入れて90分間、休憩なしの演奏。

2013年12月1日、12月1日、ロンドンのクリーン・エリザベス・ホールで、クルターグ・ジエルジュ、ロイヤル・フィルハーモニー協会のゴールド・メダル受賞記念コンサート。第一部は、アムステルダム在住のヴァイオリニスト菊池裕美のソロで、クルターグ作曲「ヒパルテイータ」作品43(2000-04年)。第二部は、クルターグ夫妻による自作(バッハの編曲作品が含まれる)によるソロとドウオのリサイタル。

作風[編集]

厳格にして寡作。83歳にして、作品番号44。クルターグの作風の特徴は、例えば類ないシンプルな表現とヴィルトゥオーソがというようにいつも正反対とも言える表現が一つのものとして共存していること、「沈黙」の重要性(クルターグは「沈黙」は、魂が決めると言う)、噪音を好む、独特の音色感(アンサンブルには必ずハンガリーの民族楽器チンバロンを用いるが、多くの場合ハープと共用する、グランド・ピアノアップライト・ピアノを共用したりするなど)、非常にメッセージ性が強いこと。従って、初演から多くの支持を得、各地で再演が繰り返される。

主な作品[編集]

  • 『弦楽のための四重奏曲』Op.1
  • 『管楽のための五重奏曲』Op.2
  • 『The sayings of Peter Bornemisza』Op.7:ソプラノピアノのための
  • 『4つの奇想曲』Op.9:ソプラノと室内アンサンブルのための
  • ミハーイ・アンドラーシュへのオマージュ~弦楽四重奏のための12のミクロリュード』Op.13
  • 『シュテファンへの墓石 ーギターーと楽器群のための』 1978-79年 Op.15c
  • 『亡きR.V.トュローソヴァのメッセージ / リンマ・ダロスによる21の詩』Op.17
  • 小説の情景 / リンマ・ダロスの詩による15の歌』Op.19
  • ヨーゼフ・アッティラ断章』Op.20
  • デジェー・タンドリの詩による8つの合唱曲』Op.23
  • 『カフカ断章』Op.24
  • 『...幻想曲風に...(...Quasi una fantasia...)』Op.27-2:ピアノ協奏曲
  • 『サミュエル・ベケットの詩による「言葉とは何だ」』アルト朗唱、重唱と室内楽アンサンブルのための(ハンガリー語と英語)1991年Op.30b 
  • 『石碑』Op.33:管弦楽のための(1994)
  • 『バリトンのためのヘルダーリン歌曲集』Op.35a
  • 『...pas a pas - nulle part...(サミュエル・ベケットの詩による)』Op.36
  • 『ヴァイオリン、ヴィオラとオーケストラのためのコンチェルタンテ 裕美と賢へ』Op.42(2003年 コペンハーゲン初演)
  • 『Hipartita for Solo Violin』Op.43(1987-2005 ベルリン初演)
  • 『遊び(Jatekok)』:ピアノ1台または2台のための1巻ー8巻
  • 『無伴奏ヴィオラのための9つの小品』
  • 『ヴィオラと管弦楽のための楽章』
  • 『Signs, Games and Messages』
  • アンナ・アフマートヴァによる4つの詩』Op.41(1997-2008)(2009.1 カーネギーホール初演)
  • 『コリンダ・バラード』Op.46 合唱・楽器群・テノール・ソロ(2009.3 ルーマニア・クルジ・ナポカ初演)

外部リンク[編集]