クルス・イ・ソウザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルス・イ・ソウザ

クルス・イ・ソウザ(João da Cruz e Sousa、1861年11月24日 - 1898年3月19日)はブラジル詩人

サンタカタリーナ州フロリアノーポリス解放奴隷の子として生まれる。生後まもなく孤児となり、父の雇い主であったデ・ソーザ将軍の養子になる。自然主義的素養と美学を修め、のちにボードレールポルトガルの詩人の影響を受ける。没後に評価が高まり、現在ではブラジル最大の詩人の一人で1890年代象徴主義の始まりをなすとされる。代表作は散文詩集『ミサ典書』(1893年)、詩集『円楯(まるだて)』(1893年)。[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ 京都外国語大学図書館蔵書検索ブラジル文学
  2. ^ 高橋都彦クルス・イ・ソウザ日本大百科全書小学館)、Yahoo!百科事典