クルスク原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルスク原子力発電所
クルスク原発の運転室
クルスク原子力発電所の位置
クルスク原子力発電所の位置
ロシア
座標 北緯51度40分30秒 東経35度36分20秒 / 北緯51.67500度 東経35.60556度 / 51.67500; 35.60556 (クルスク原子力発電所)座標: 北緯51度40分30秒 東経35度36分20秒 / 北緯51.67500度 東経35.60556度 / 51.67500; 35.60556 (クルスク原子力発電所)
現況 運転中
着工 1972年6月1日
運転開始 1977年10月12日
運営者 ロスエネルゴアトム
原子炉
運転中 4 x 1000 MW
運転中止 2 x 1000 MW
発電量
平均発電量 22,760 GWh
正味年間発電量 536,921 GWh
2007年7月22日現在
テンプレートを表示

クルスク原子力発電所(ロシア語: Курская АЭС)はロシア連邦クルスクから40km西のセイム川の岸に存在する原子力発電所。原子炉建設工事開始時にすぐ近くに原発城下町クルチャトフ英語版が作られた。電力はクルスク州と19の地域に送電している。

原子炉の形式は現在では廃止されているチェルノブイリ原子力発電所と同型の黒鉛減速沸騰軽水圧力管型原子炉であった。発電所はもともと原子炉2基であったが1978年から1985年にかけて2基増設された。また、5号機を建設する計画が存在したが、計画は中止された。

クルスク原子力発電所と隣接したクルチャトフは1991年のアメリカのテレビ映画Chernobyl: The Final Warningでチェルノブイリ原子力発電所とプリピャチとして撮影が行われた。

現在、同地にクルスク第二原子力発電所を建設する計画が存在し、4基の新型VVERの導入が計画されている。

原子炉[編集]

クルスク原子力発電所は現在までに4基の原子炉が建設されている。

原子炉[1] 原子炉形式 正味発電量 総発電量 建設開始 送電開始 商用運用 停止
1号機 (Kursk 1) RBMK-1000 925 MW 1.000 MW 1972年6月1日 1976年12月19日 1977年10月12日 2021年 (計画)
2号機 (Kursk 2) RBMK-1000 925 MW 1.000 MW 1973年1月1日 1979年1月28日 1979年8月17日 2024年 (計画)
3号機 (Kursk 3) RBMK-1000 925 MW 1.000 MW 1978年4月1日 1983年10月17日 1984年3月30日 2013年 (計画)
4号機 (Kursk 4) RBMK-1000 925 MW 1.000 MW 1981年5月1日 1985年12月2日 1986年2月5日 2015年 (計画)
5号機 (Kursk 5) RBMK-1000 925 MW 1.000 MW 1985年12月1日 - - 2012年8月15日、建設中止
6号機 (Kursk 6)[2] RBMK-1000 925 MW 1.000 MW 1986年8月1日 - - 1993年12月1日、建設中止
Kursk II-1[3] VVER-1200/491 1000 MW 1.170 MW - - - -

関連項目[編集]

[編集]

外部リンク[編集]