クリント・ロングリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリント・ロングリー

Clint Longley  No. 19, 16

クォーターバック
生年月日:1952年7月28日(61歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ウィチタフォールズ
身長:6' 1" =約185.4cm 体重:193 lb =約87.5kg
NFLデビュー
1974年ダラス・カウボーイズ
経歴
大学アビリーン・クリスチャン大学
NFLドラフト1974年 / 1巡目(全体の番目)
 所属チーム:
通算成績
(1976年までの成績)
TD/INT     5/4
パス獲得ヤード     441
QBレイティング     67.1
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

クリント・ロングリー(Clint Longley 1952年7月28日- )はテキサス州ウィチタフォールズ出身のアメリカンフットボール選手。1974年から1977年までNFLCFLでプレーした。ポジションはクォーターバック

経歴[編集]

アビリーン・クリスチャン大学から1974年のNFLドラフトシンシナティ・ベンガルズに指名されたがロースターに残れず、その後ダラス・カウボーイズに入団した。

1974年感謝祭の日のワシントン・レッドスキンズ戦でエースQBのロジャー・ストーバック脳震盪を起こし退場した試合の第3Q初め、3-16と13点リードされた場面で交代出場し、2タッチダウンをあげて勝利に貢献した[1]。2つ目のタッチダウンパスは残り1分を切ってからのドリュー・ピアソンへの50ヤードの決勝タッチダウンであった[2]

ダニー・ホワイトとの控えQB争いの激しくなった1976年、夏のトレーニングキャンプのロッカールームでストーバックに殴りかかり[3]、チームから放出された[2]。この直後に彼はサンディエゴ・チャージャーズに入団し、ダン・ファウツの控えQBとしてプレー、1977年のトレーニングキャンプの間に解雇された。

1977年にはカナディアン・フットボール・リーグトロント・アルゴノーツで6試合出場している[4]

1978年セントルイス・カージナルスと契約したが、シーズン開始前に解雇された。

1980年、CFLのハミルトン・タイガーキャッツと契約したが、ロースターに残ることはできなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Washington Redskins 23 at Dallas Cowboys 24 Thursday, November 28, 1974”. pro-football-reference.com. 2011年9月17日閲覧。
  2. ^ a b Legends, underdogs, goats shared Texas Stadium spotlight publisher=ESPN” (2008年9月15日). 2011年9月17日閲覧。
  3. ^ Camp can drive some over edge”. ESPN (2007年7月23日). 2011年9月17日閲覧。
  4. ^ College & Pro Football Statistics”. totalfootballstats.com. 2011年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]